最新記事

自動車

米国、高級ピックアップトラックが好調 ビッグスリー雇用の命綱に

2019年2月11日(月)14時09分

米国での自動車需要が低下するとしても、米ビッグスリーは大型化・高級化の進むピックアップトラックを買い続けてくれる顧客に期待を寄せている。写真は4日、テキサス州ディケーターで、ミッキー・マクマスターさんと、彼の12台目となる新しいピックアップトラック「GMCデナリ」(2019年 ロイター/Nick Carey)

ミッキー・マクマスターさんが乗っているのは、彼にとって12台目となるピックアップトラックだ。

テキサス州ディケーターで農業機器を販売する61歳のマクマスターさんは2週間前、長いこと働き続けた自分へのご褒美に、2019年型「GMCデナリ」を約6万9000ドル(約760万円)で購入した。

「私にとって、これはピックアップ版キャデラックだ。まぎれもなく高級車だ」とマクマスターさんは言う。「私はこういう車を買えるようになるまで働いてきた。この車は、私がこれだけ稼いできたのだと示してくれる」

ゼネラルモーターズ(GM)はミシガン州フリントの工場で同社として最も大型の新世代ピックアップを生産するため、新たに1000人の採用を計画している。同社が当てにしているのが、マクマスターさんのようなタイプの顧客だ。

テキサスなど米中部各州における大型ピックアップに対する需要は、米最大手の自動車メーカーであるGMが他地域の工場でレイオフの対象としている多くの労働者にとって頼みの綱となっている。

ほとんどのアナリストの予想通り、米国での今年の自動車需要が全体として低下するとしても、米国自動車産業のビッグスリー、そして各社の国内従業員数千人は、マクマスターさんのような顧客が大型化・高級化の進むピックアップを買い続けてくれることを期待している。

フリント工場でGMが生産しようとしているのは、大型ピックアップの新型「シボレー・シルバラード」と「GMCシエラ」であり、その中には、世界で最も利益率の高い車種に数えられる高級仕様車も含まれている。

GM、フォード・モーター、そしてフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の商用車部門「ラム」はこのセグメントの車種を独自に生産しており、各社とも、今年投入する新型、あるいはモデルチェンジする車種に後にひけない勝負を出ている。

業界のデータによれば、大型ピックアップトラックの米国における販売台数は、2013年以降で20%以上も伸び、年間60万台以上に達している。高級仕様車の価格は7万ドルを優に超える。

GMでは5日、ミシガン州フリント工場で、「シボレー」「GMC」ブランドでの新世代ピックアップの生産開始を華々しくスタートさせる。GMによる大型ピックアップトラックの生産は、現在すべてフリント工場に集約されている。

GMは国内で従業員数千人のレイオフを進め、北米工場5カ所を閉鎖する計画を立てているが、その一方で、フリント工場では雇用を増やしている。同工場は1日3交代制で週6日操業している。マイク・ペレズ工場長はロイターに対し、「新車種の組立システムの拡大によって、生産能力は25%以上増大する」と語った。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月