最新記事

教育

育児の悩みや反抗期は「うちの子」だけの問題じゃない

2019年1月23日(水)16時00分
舞田敏彦(教育社会学者)

子育てには長期的な展望も必要 kohei_hara/iStock.

<児童相談所に寄せられる児童相談には、2~5歳(第1次反抗期)と13~14歳(第2次反抗期)の2つの大きな山がある>

東京都港区の南青山で、児童相談所の建設をめぐって住民から反対意見が出る騒動が起きている。治安の悪化を危惧する声が強いが、児童相談所は罪を犯した少年を収容する施設ではない。児童福祉に関する相談に応じ、当該の児童や家庭に対して調査や指導を行う機関だ。児童虐待防止の上でも、大きな役割を果たしている。

厚労省の統計によると、2017年度間に全国の児童相談所が受け付けた児童相談は46万3000件ほどだ。1日あたり1200件を超える相談を受け付けていることになる。住民からいかに頼られているかが分かる。地域に児童相談所ができることは、子育て環境の向上につながるという見方もできるだろう。

寄せられた児童相談の数は、当該児童の年齢別に集計されている。「大変な年齢は何歳か?」をうかがい知れるデータだ。それをグラフにすると<図1>のようになる。どういう相談が多いかは年齢によって異なるので、大まかな相談種別の内訳も分かるようにした。

maita190123-chart01.jpg

相談件数が多いのは3歳、5歳と、13~14歳となっている。ちょうど発達心理学でいう第1次反抗期と第2次反抗期に該当する。

種別をみると、乳児期では養護相談の比重が高い。多くは児童虐待に関わるものだ。3歳以上では障害の相談も増えてくる。知的障害の相談が大半だが、最近は発達障害に関わる相談も多い。13~14歳の第2ピークでは、非行や問題行動の相談が頭をもたげてくる。統計は正直で、子どもの成長に伴う問題がはっきり表れている。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月