最新記事

虐待

口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

Woman Sticks Pacifier To Newborn’s Mouth With Tape

2019年1月8日(火)15時40分
プリザ・ポール

赤ちゃんははかなく、親も選べない RyanJLane/iStock.

<泣かれるのがいやだった、という虐待母は赤ん坊をこのまま置いて家に帰っていた>

口に入れたおしゃぶりをテープで固定された状態で、赤ちゃんが病院のベッドでもがく様子を撮影した動画がソーシャルメディアに投稿された。

場所はロシアのイングーシ共和国にあるリパブリカン周産期センター。1月6日、苦しそうな赤ちゃんを見かけた人が動画を撮影した。地元メディアによると、被害に遭ったのは男の子の赤ちゃんで、母親が幼児虐待を認めている。病院で赤ちゃんに泣いてほしくなかったのだという。

英紙デイリーメール・オンライン版の報道によると、撮影者はこんなコメントを付けている。「神経質な人は、この動画を見ないほうがいい。赤ちゃんはいま、暖房のない寒い病室にいる。母親はいない。男児は肺が悪いのに、口に入れたおしゃぶりをテープで留められている」

動画のなかで赤ちゃんはしきりに目をパチパチたり、頭を左右に振ったりしているが、おしゃぶりは出ない。咳をしたりつばを吐くこともできず、呼吸困難になりかねない。赤ん坊は毛布でくるまれているが、寒くて凍えているように見えたという。

誰も助けず

動画では、男児のくぐもった泣き声が聞き取れる。動画の撮影者は、赤ちゃんの口からおしゃぶりを取り出す代わりに、新生児ベッドに掲示されている情報を大きく映し出す。

同周産期センター医長のカディ・アゲルチヴァは、新生児の健康を損なうような不適切な行為はなかったと言った。逆に撮影者を非難して、この動画のせいで従業員の士気が下がったと語った。

地元メディアの取材に応じた病院関係者の話によると、動画に映っている赤ちゃんは9月に誕生した。まだ退院できない理由はわかっていない。関係者はさらに、通常であれば付き添っているはずの母親は、動画が撮影された時間には自宅でほかの子どもたちと一緒にいたと述べている。

動画が投稿されると、たちまち怒りのコメントが寄せられた。あるユーザーは「かわいそうな赤ちゃん。生まれたばかりなのに、もうつらい目に遭っている」と投稿。別のユーザーは「私もあの病院で子供を産んだ。ぞっとする体験だった」と述べている。

警察は、虐待がすぐに発見されなかった理由を含めて捜査中だ。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月