最新記事

虐待

口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

Woman Sticks Pacifier To Newborn’s Mouth With Tape

2019年1月8日(火)15時40分
プリザ・ポール

赤ちゃんははかなく、親も選べない RyanJLane/iStock.

<泣かれるのがいやだった、という虐待母は赤ん坊をこのまま置いて家に帰っていた>

口に入れたおしゃぶりをテープで固定された状態で、赤ちゃんが病院のベッドでもがく様子を撮影した動画がソーシャルメディアに投稿された。

場所はロシアのイングーシ共和国にあるリパブリカン周産期センター。1月6日、苦しそうな赤ちゃんを見かけた人が動画を撮影した。地元メディアによると、被害に遭ったのは男の子の赤ちゃんで、母親が幼児虐待を認めている。病院で赤ちゃんに泣いてほしくなかったのだという。

英紙デイリーメール・オンライン版の報道によると、撮影者はこんなコメントを付けている。「神経質な人は、この動画を見ないほうがいい。赤ちゃんはいま、暖房のない寒い病室にいる。母親はいない。男児は肺が悪いのに、口に入れたおしゃぶりをテープで留められている」

動画のなかで赤ちゃんはしきりに目をパチパチたり、頭を左右に振ったりしているが、おしゃぶりは出ない。咳をしたりつばを吐くこともできず、呼吸困難になりかねない。赤ん坊は毛布でくるまれているが、寒くて凍えているように見えたという。

誰も助けず

動画では、男児のくぐもった泣き声が聞き取れる。動画の撮影者は、赤ちゃんの口からおしゃぶりを取り出す代わりに、新生児ベッドに掲示されている情報を大きく映し出す。

同周産期センター医長のカディ・アゲルチヴァは、新生児の健康を損なうような不適切な行為はなかったと言った。逆に撮影者を非難して、この動画のせいで従業員の士気が下がったと語った。

地元メディアの取材に応じた病院関係者の話によると、動画に映っている赤ちゃんは9月に誕生した。まだ退院できない理由はわかっていない。関係者はさらに、通常であれば付き添っているはずの母親は、動画が撮影された時間には自宅でほかの子どもたちと一緒にいたと述べている。

動画が投稿されると、たちまち怒りのコメントが寄せられた。あるユーザーは「かわいそうな赤ちゃん。生まれたばかりなのに、もうつらい目に遭っている」と投稿。別のユーザーは「私もあの病院で子供を産んだ。ぞっとする体験だった」と述べている。

警察は、虐待がすぐに発見されなかった理由を含めて捜査中だ。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 6

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 7

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 8

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 9

    ファーウェイたたきはトランプの大博打

  • 10

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    トランプの言うことは正しい

  • 5

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月