最新記事

日本経済

日本はトランプ貿易戦争をかわせる? 日本車メーカーの「切り札」とは

2018年11月6日(火)10時41分

11月1日、専門家や業界関係者の話では、日産やホンダ、トヨタ自動車といった日本勢は、柔軟な生産態勢を確保するという面では業界で最も巧みだ。写真は、ホンダ「アキュラ」の組み立てライン。米オハイオ州で2016年11月撮影(2018年 ロイター/Maki Shiraki)

日産自動車が米テネシー州スマーナで操業する米国最大規模の工場では、組み立てラインに沿って社員の台車が、緑や青のライトを確認し部品を選別する棚を行き交っていた。

日産はこのシステムを「pick to the light」と呼ぶ。新モデル設計担当ディレクターのライアン・フルカーソン氏は、工場で生産されている6種類の自動車に社員が適切な部品を当てはめるのを手助けするためのものだ、と話す。「どの種類の車がラインにやってきても、該当する部品が待ち受けている」という。

複数の種類の車を生産する組み立てラインの設計は何十年も前から行われていた。ただ、今は1つの種類から別の種類に生産をいかに円滑にシフトできるかが、さまざまな課題に対処しなければならない自動車業界にとって死活問題なのは間違いない。

なぜなら世界中の消費者は、伝統的なセダンよりもSUV(スポーツタイプ多目的車)への志向を急速に強めているし、最近の米国におけるガソリン価格上昇は、より深刻なオイルショックが起きれば小型車の人気が復活する可能性を想起させるからだ。

さらに貿易摩擦や輸入関税は、多くの車をある国から別の国に輸出しているメーカーに脅威を与え、中国市場における販売鈍化、米国市場の停滞、全面的な貿易戦争発生の懸念などが、業界を取り巻く不透明感を一層高めている。

専門家や業界関係者の話では、日産やホンダ、トヨタ自動車といった日本勢は、柔軟な生産態勢を確保するという面では業界で最も巧みだ。彼らは日本市場向けの1種類の車では工場を維持できなかったので、必要に駆られて工程やプラットフォームの互換可能性に力を注いできた。

欧米勢はこれに追い付くための取り組みを進めている。例えばフォード・モーターは、ケンタッキー州の工場で最も売れ筋のいくつかのピックアップトラックと大型SUVを同じプラットフォームで生産し、今年は100%の稼働率を達成する見通し。

逆にゼネラル・モーターズ(GM)は、単一モデル依存の危険性を示している。人気のピックアップトラックを生産する工場群はフル稼働しているが、乗用車1種類しか製造していない工場は稼働率が相当低い。今年1-9月の販売台数が26.5%減ったセダンの「クルーズ」だけを生産するオハイオ州の工場では、稼働率が30%強、生産シフトは1回にとどまっている。

1つの組み立てラインでさまざまな車体を製造するには、車の設計段階から溶接などに使う工具に至るまで、入念な協力態勢を確立する必要がある。

ホンダが08年に操業を始めたインディアナ州グリーンズバーグ工場の場合、当初は「シビック・セダン」を、次いでより小型の「アキュラ」の製造を行っていたが、昨年セダンの販売が減少してSUVの需要が高まったことを受け、コンパクトSUV「CR-V」を同じラインで生産することを決めた。

同社はこの実現に向けて数々の工夫を強いられたが、工場幹部によると、自動化は推進しなかった。やろうと思えばできたとはいえ、人間の方が臨機応変に動けるのだという。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月