最新記事

SNS

全米2万人が毒舌を吐く「結婚式さらしコミュニティー」

The Wedding Shamers

2018年11月14日(水)18時10分
レイチェル・ウィザーズ

怒りを吐き出す場を切実に必要としている人たちもいる。さらしコミュニティーでイライラを発散すれば、見ず知らずの人たちが共感してくれるし、愚痴にぴったりのおふざけ動画を上げて笑わせたりしてくれる。

結婚式の一場面一場面をインスタグラムに投稿して、全世界に幸せをアピールするカップルがごまんといる昨今、式の裏側をぶちまけ、さらす場は格好の「解毒剤」になる。

代表的なさらしコミュニティーにはかなりまともな規則があり、管理者たちが違反に目を光らせている。標的の個人情報をネットにさらす行為は御法度。それと分かるユーザー名や特徴なども出してはいけない。思想信条は持ち込まない。また、例えば指輪さらしの場合は「標的は指輪で、人格攻撃は控える」ことや「どんな指輪も見方によってはダサいことを忘れない」がお約束だ。

さらしという趣旨からして底意地の悪いコミュニティーのようだが、誰かを傷つけるわけではない。悪気のない無害な意地悪だ。最初の投稿をした人は愚痴を吐いてスッキリするし、ほかの人たちも毒舌を吐いてちょっとした楽しみを味わえる。なかには自分をさらし者にする自虐投稿もある。

結婚式の愚痴では今年7月、ツイッターのある投稿が話題になった。花嫁の付添人を頼まれて、式に出るため飛行機の予約なども済ませていた女性がジェットブルー航空のツイッターアカウント宛てに、付添人を「降りて」くれと花嫁に言われたと訴えたのだ。

これはチケットの払い戻し請求に見せ掛けて、実は花嫁の理不尽さを大々的にアピールし、復讐するためのツイート。これに比べたら、結婚式さらしはまだしも健全な活動だ。

もっとも冒頭のケースのように、さらしコミュニティーへの投稿が外部に漏れて拡散する場合もある。ただ、6万ドルの結婚式を計画した花嫁は「人生に一度くらいは注目を浴びたい!」と書き込んでいたから、その望みはかなったわけだ。

<本誌2018年11月13日号掲載>

※11月13日号(11月6日売り)は「戦争リスクで読む国際情勢 世界7大火薬庫」特集。サラエボの銃弾、真珠湾のゼロ戦――世界戦争はいつも突然訪れる。「次の震源地」から読む、日本人が知るべき国際情勢の深層とは。

© 2018, Slate

関連ワード

ニュース速報

ワールド

インドネシア第2四半期GDP、前年比-5.32% 

ビジネス

日経平均は反落、58円安 利益確定売りが優勢

ビジネス

ホンダ、今期純利益予想は63.8%減の1650億円

ビジネス

シャープ、21年3月期の純利益は2倍超を予想 供給

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国のコンテンツビジネス、ダントツの稼ぎ頭は......

  • 3

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 4

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 5

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 6

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トラ…

  • 7

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 8

    「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか?…

  • 9

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 10

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 9

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 10

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月