最新記事

移民

アメリカで移民危機が勃発? トランプの危険な中間選挙戦略

Migrant Caravan Swells to 7,000 Asylum Seekers

2018年10月23日(火)16時10分
ジェイソン・ルミエール

グアテマラからメキシコに入り、アメリカを目指すキャラバン Ueslei Marcelino-REUTERS

<中米の貧しい国々から、アメリカを目指して誰ともなく歩き始めた移民キャラバンが、7000人に膨らんだ。トランプは移民を貶め、米軍に国境を守らせると危険な兆候を見せる>

ドナルド・トランプ米大統領は10月22日、中米からメキシコを通過して、アメリカ南部の国境に向かっている移民の集団(キャラバン)に、「数えきれないほどの中東出身者」が紛れ込んでいると、何の証拠もないツイートをした。

「残念なことに、メキシコの警察や軍は、アメリカ南部の国境に向かっているキャラバンを制止できないようだ。そのなかには、犯罪者や数えきれないほどの中東出身者が紛れ込んでいる」と述べた。「これは国家の非常事態であり、国境警備隊や軍に警戒するよう指示した。法律を変えなくてはならない!」

だがトランプは、中米からの移民のなかに中東出身者や犯罪者が混ざっていることを裏づける根拠を示していない。それが「国家的な非常事態」になる理由も説明していない。


キャラバンは民主党が仕組んだ

トランプは、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルがキャラバンの進行を阻止できなかった罰として、援助を停止、または大幅に削減すると言う。

「グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルは、自国を出てアメリカに不法入国しようとしている人々を阻止する責任を果たせなかった。それらの国々に出してきた多額の援助は今後、停止するか大幅に削減する」

だが、キャラバンが通ってきたグアテアマラやメキシコでは、警察も催涙ガスや発煙筒を使って移民を追い返そうとし、小競り合いも度々起こっている。なぜそれでも前に進むのか。「仕事がない」「未来がない」と移民たちは訴える。

グアテマラとメキシコを繋ぐ国境の橋に「収容」された移民たち。川に下りてメキシコに渡った者も


中米を北上するキャラバンの人数は10月22日までには約7000人に膨らんで、さらに増え続ける見込みだ。

トランプはこのキャラバンは、民主党の責任だと繰り返しツイートしている。「私たちの国に侵入しようとするキャラバンや不法移民、密入国者を目にするたびに、お粗末な移民法を変えさせようとしない民主党を非難すべきだ! 中間選挙ではそれを思い出してほしい!」

それだけではない。トランプは、民主党がキャラバンの人々にお金を払って国境に向かわせ、危機を作り出そうとしているとも主張している。ここでも根拠はない。

10月18日にモンタナ州ミズーラで開催された集会では、「(民主党は)人々に多額のお金を渡して、中間選挙の前までに国境に来てもらおうとしている。そうすれば(共和党にとって)が困ると思っているのだ」と言った。


(翻訳:ガリレオ)

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    【要注意】スマホやヘッドフォンで若者たちが感電死

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月