最新記事

ヘルス

やせていても太っていると思い込む、日本の女性の危険な「やせ」願望

2018年10月10日(水)16時30分
舞田敏彦(教育社会学者)

最近の国立青少年教育振興機構の調査によると、日本の女子高生の半分以上が「自分は太っている」と思っている。しかし客観的な体重をみると、痩せている子が多い。<図2>は、体重と肥満認識をとった座標上に、4カ国の高校生男女のドットを配置したグラフだ。

maita181010-chart02.jpg

日本の女子生徒(Jf)は最も右上にある。痩せている子が多い(身長差を考慮しても)にもかかわらず、自分を肥満と思っている子の割合が高い。同じ女子でも、アメリカとは大違いだ。

日本の女子は、客観的な状況と認識のズレが大きくなっている。痩せているにもかかわらず、自分を肥満と思い込んでいる。ジェンダーの差(m:男子とf:女子の距離)も大きく、痩身を美とする風潮に過剰に反応している(させられている)女子の姿は痛々しい。メディアも痩身を過度に煽るのは控えるべきだろう。

ちなみに、何が美とされるかは時代や社会によって違う。太ろうにも太れない時代や発展途上国では「ぽっちゃり」、飽食の現代や先進国では「やせ」が美しいとされる。大雑把に言って、実現し難いことが尊ばれる傾向にある。常識の社会的規定性(相対性)について知っておくと、「今・ここ」の風潮に振り回されにくくなる。

<資料:ISSP「Health and Health Care - ISSP 2011」
 国立青少年教育振興機構『高校生の心と体の健康に関する意識調査』(2018年3月)

ニュース速報

ワールド

米、香港への優遇措置もはや継続できず 国家安全法受

ワールド

ビザ制限や経済制裁と米国務次官補、香港問題巡る中国

ビジネス

日産自動車、6月1日から米工場の稼働再開へ

ワールド

米、新型コロナ死者が10万人突破 一日平均では鈍化

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそも日本が「4月入学」になった理由とは?

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 8

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    ノーベル賞受賞者が異を唱える──政府は、疫学者の予…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月