最新記事

環境

ハワイで日焼け止めが販売禁止に!? 医師会らの反対を押し切って

“Coral-Killer” Sunscreens

2018年8月20日(月)16時40分
クリスティン・ヒューゴ

サンゴ礁の保護は海洋生物だけでなくハワイの観光業を守ることにもつながる DAVID FLEETHAM-VW PICS-UIG/GETTY IMAGES

<サンゴの白化につながる化学物質を含む製品の販売禁止に乗り出したハワイ州の本気度>

ここ数年、世界中でサンゴ礁が危機にさらされている。二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスが急増し、温暖化によって海水温が上昇。サンゴ内に共生する褐虫藻が排出され、サンゴは白く、もろい状態になる。

サンゴの白化と呼ばれるこの現象は1980年代に比べて4倍の速度で進んでおり、白化したサンゴは通常、死に至る。近年は世界各地で、サンゴの白化と死が次々と報告されている。

国際サンゴ礁イニシアティブ(ICRI)によれば、原因は気候変動に加えて開発や外来生物、魚類乱獲、観光、海洋汚染など多岐にわたり、各地で対策が始まっている。そんななか、ハワイで一味違った世界初の試みが誕生した。サンゴ礁に害を及ぼす化学物質を含んだ日焼け止めの販売を禁止する法案が、州議会で可決されたのだ。

7月初め、ハワイ州のデービッド・イゲ知事は法案に署名。2021年1月1日以降、州内ではオキシベンゾンとオクチノキサートを含有する日焼け止めの販売が禁止される。

同法のきっかけになったのは、オキシベンゾンがハワイのサンゴ礁に打撃を与え、気候変動への耐性を弱めると指摘した最近の研究だ。こうした化学物質はDNAを損傷させ、内分泌物を破壊し、サンゴを死滅させる。

米内務省国立公園局によれば、国内のビーチで海水浴客から流れ出す日焼け止めは、毎年4000~6000トンに上る。「ハワイのサンゴ礁の耐性を守り、回復させるための小さな一歩だ」と、イゲは語った。

皮膚癌への影響を懸念するハワイ医師会やハワイ皮膚癌連合、地元産業や団体の一部は、この法案が「化学物質の影響を誤って解釈した研究」に基づいているとして、法案に反対した。だが彼らの抵抗にもかかわらず、州政府に法案成立を迫る請願は広がりを見せ、5万5000人近い署名が集まった。

こうした動きからも分かるのは、ハワイの人々がサンゴ礁を非常に重視しているという事実だ。生態学的な観点から言えば、サンゴ礁と魚との共生関係は、海洋生物とその食物連鎖に欠かせない。さらに、これらの魚を収穫し、販売し、食べることで、人間が利益を得る。

波や暴風から海岸を守ってくれるサンゴ礁は、観光産業にとっても不可欠だ。ハワイは観光業で毎年巨額を稼ぎ出す。ハワイ州観光局によれば、今年1~ 5月だけで観光収入は76億6000万ドルに上る。

だから当然ながら、エコ推進派のみならず、観光業界もこぞって同法を支持している。ハワイアン航空やホテルの一部は、サンゴ礁に無害な日焼け止めを販売する業者と提携し、観光客に選択肢を示そうとしている。

サンゴ礁を殺す日焼け止めは、ハワイでは死滅させられそうだ。

[2018年8月14日号掲載]

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月