最新記事

中国経済

スターバックス、競争激化の中国でデリバリー開始 アリババと提携

2018年8月2日(木)14時32分

8月1日、米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)は、中国の電子商取引大手、アリババ・グループ・ホールディングと提携し、中国でコーヒーの配達サービスを開始すると発表した。写真はスタバのロゴ。北京で2012年4月撮影(2018年 ロイター/Jason Le)

米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)は2日、中国の電子商取引大手、アリババ・グループ・ホールディングと提携し、中国でコーヒーの配達サービスを開始すると発表した。中国の売上高を底上げするとともに、国内の新規コーヒーチェーンとの激しい競争で優位に立つことを目指す。

スタバのジョンソン最高経営責任者(CEO)は上海で記者団に対し「われわれはすぐにここが現代の小売りに特化したワールドクラスのテクノロジー企業であることを理解した」と指摘。「私はこの戦略的パートナーシップがスターバックスの成長と中国事業の拡大を大きく後押しするものになる考えている」と述べた。 アリババ傘下のネット出前サービス「餓了麼」と連携して9月から北京と上海の150店舗でまずサービスを始め、年末までに30都市2000店舗に拡大する。 アリババ傘下のスーパー「盒馬」、オンライン小売の「天猫」と「淘宝網」、モバイル・オンライン決済アリペイなど、アリババのグループ企業と幅広く連携する。 餓了麼に登録している出前サービスを担う300万人の運転手を活用。また、盒馬の店舗内に「スターバックス・デリバリー・キッチンズ」を設け、盒馬の宅配システムを使う計画。

餓了麼の王磊CEOによると、スタバの注文を30分以内に届ける計画だという。

ジョンソンCEOは、提携合意の一部は独占的なものだと説明。ただ、詳細については明らかにしなかった。その後、スターバックス・チャイナのべリンダ・ウォンCEOが、餓了麼との提携が独占的な契約になっていることを明らかにした。

スターバックスとアリババは、1年以上にわたって提携交渉を行っていたと明らかにした。金銭面の詳細については明らかにしていない。 スタバの第3・四半期(7月1日まで)決算は、中国の既存店売上高が2%減少した。前年同期の7%増から大きく落ち込んだ。

上海に拠点を置く調査・マーケティングコンサルタント会社「チャイナ・スキニー」のマーケティングマネジャー、アンドリュー・アトキンソン氏はロイターに対し、こうした提携は中国事業が大きな困難に直面しているスタバにとって「自然な反応」だと指摘。「これらのアプリに掲載されていなければ大きなビジネスチャンスを逃すことになる」と述べた。

また、今回の提携について、4月に完全買収した餓了麼の事業拡大を推し進めているアリババにとってもメリットが大きいとの認識を示した。

[上海 2日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

  • 2

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 3

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会…

  • 6

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 7

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 10

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月