最新記事

中国経済

スターバックス、競争激化の中国でデリバリー開始 アリババと提携

2018年8月2日(木)14時32分

8月1日、米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)は、中国の電子商取引大手、アリババ・グループ・ホールディングと提携し、中国でコーヒーの配達サービスを開始すると発表した。写真はスタバのロゴ。北京で2012年4月撮影(2018年 ロイター/Jason Le)

米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)は2日、中国の電子商取引大手、アリババ・グループ・ホールディングと提携し、中国でコーヒーの配達サービスを開始すると発表した。中国の売上高を底上げするとともに、国内の新規コーヒーチェーンとの激しい競争で優位に立つことを目指す。

スタバのジョンソン最高経営責任者(CEO)は上海で記者団に対し「われわれはすぐにここが現代の小売りに特化したワールドクラスのテクノロジー企業であることを理解した」と指摘。「私はこの戦略的パートナーシップがスターバックスの成長と中国事業の拡大を大きく後押しするものになる考えている」と述べた。 アリババ傘下のネット出前サービス「餓了麼」と連携して9月から北京と上海の150店舗でまずサービスを始め、年末までに30都市2000店舗に拡大する。 アリババ傘下のスーパー「盒馬」、オンライン小売の「天猫」と「淘宝網」、モバイル・オンライン決済アリペイなど、アリババのグループ企業と幅広く連携する。 餓了麼に登録している出前サービスを担う300万人の運転手を活用。また、盒馬の店舗内に「スターバックス・デリバリー・キッチンズ」を設け、盒馬の宅配システムを使う計画。

餓了麼の王磊CEOによると、スタバの注文を30分以内に届ける計画だという。

ジョンソンCEOは、提携合意の一部は独占的なものだと説明。ただ、詳細については明らかにしなかった。その後、スターバックス・チャイナのべリンダ・ウォンCEOが、餓了麼との提携が独占的な契約になっていることを明らかにした。

スターバックスとアリババは、1年以上にわたって提携交渉を行っていたと明らかにした。金銭面の詳細については明らかにしていない。 スタバの第3・四半期(7月1日まで)決算は、中国の既存店売上高が2%減少した。前年同期の7%増から大きく落ち込んだ。

上海に拠点を置く調査・マーケティングコンサルタント会社「チャイナ・スキニー」のマーケティングマネジャー、アンドリュー・アトキンソン氏はロイターに対し、こうした提携は中国事業が大きな困難に直面しているスタバにとって「自然な反応」だと指摘。「これらのアプリに掲載されていなければ大きなビジネスチャンスを逃すことになる」と述べた。

また、今回の提携について、4月に完全買収した餓了麼の事業拡大を推し進めているアリババにとってもメリットが大きいとの認識を示した。

[上海 2日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月