最新記事

自然

希少な新種オランウータンの双子発見! インドネシア・スマトラ島で

2018年7月16日(月)08時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

昨年、新種として確認されたタパヌリ・オランウータン FRANCE 24 English / YouTube

<昨年、新種発見の報道で注目を集めたインドネシアのオランウータン。今度はその新種に双子を連れた母親が目撃されたが、彼らを取り巻く状況は悪化する一方だ>

インドネシア・スマトラ島北部の北スマトラ州南西部のタパヌリの密林内で、同地域にだけ生息する「タパヌリ・オランウータン」の雌が双子の赤ちゃんと一緒に行動していることが確認された。人に最も近い類人猿であるオランウータンが双子を出産するのは極めて珍しく、世界的にもこれまでも数例しか報告されていない。

同地域周辺では中国の資金援助で水力発電所の開発計画が進むなど絶滅の危機に瀕したオランウータンの生活環境破壊の懸念が高まっており、インドネシアや国際的な環境保護団体などが「タパヌリ・オランウータンの種を保護するためには早急なその生息地域の自然環境保護が必要不可欠である」と訴える事態になっている。

観察者が母と双子を目撃

タパヌリ地区に広がる広大な密林には「スマトラ・オランウータン保護計画(SOCP)」が設置した観察拠点があり、2018年5月20日午後2時半ごろと同日午後3時40分ごろの2回に渡ってバンタン・トル観察拠点の観察員2人が双子の赤ちゃんと母親を確認したという。

確認したのはバンタン・トルの観察拠点から北西に約1キロの地点で、観察員2人が2頭の赤ちゃんを抱いている母親オランウータンを発見した。1回は樹高約15メートルの木上にいたところだったという。

母親は体の左右に赤ちゃんをぶら下げる形で木から木へと移動しており、2頭の赤ちゃんは観察員によると「顔がとても似ており、大きさも同じ」であることやオランウータンの母親が自分の子ども以外と行動を共にすることがまずないことなどから2頭が双子であるのは間違いないという。

双子を発見した観察員は「赤ちゃんは双子で、1頭はとても物静かでもう1頭は活発という違いがあるが、常に母親にしがみついて行動を共にしている」とインドネシアの雑誌「テンポ」の取材に答えている。

オランウータンが双子を出産した例は、動物園では1968年に米シアトルのウッドランドパーク動物園で飼育中のオランウータンが双子を産んだ例や、2011年7月に香港動植物公園でボルネオ・オランウータンが雄雌1頭ずつの双子を出産した記録がある。野生のものでは2007年にマレーシアサバ州キナバタンガン川流域で発見したとの報告や、2010年1月にスマトラ島最北部アチェ州アチェ・ブサール県ジャントの保護林内で雄雌の双子が生まれたなど、確認された例は少なく、非常に稀なケースとされている。

ニュース速報

ワールド

英とEU、離脱協定案修正で合意 英議会可決は不透明

ビジネス

米鉱工業生産、9月は製造業0.5%低下 GMストが

ビジネス

20年の独GDP成長率見通し、1.0%に引き下げ=

ワールド

英EU離脱巡る不透明性解消、世界経済に恩恵=世銀総

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月