最新記事

犯罪

南の楽園に潜む闇 小児性愛、幼児ポルノの根絶目指すインドネシア

2018年7月6日(金)14時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

2017年3月に逮捕された「Lory Candy」の管理者だったメンバー KOMPASTV / YouTube

<美しいリゾートとして人気が高いインドネシアのバリ島やロンボク島。だがここは幼児性愛や児童ポルノの愛好者たちにとっても楽園だった>

インドネシア国家警察と首都ジャカルタ首都圏警察のサイバー犯罪捜査班は、ソーシャルネットワーク「FaceBook」で幼児ポルノの動画や写真をアップロードして共有していた会員の徹底的な追跡調査を現在も進めていることを明らかにした。

東南アジアでは数年前から幼児ポルノと小児性愛者による子供(10歳以下)への性的犯罪が急増しており、フィリピン、カンボジアと並んでインドネシアの子供は特に深刻な被害を受けているといわれている。

バリ島や東隣のロンボク島はそういった嗜好のある人々の間では「小児性愛者の天国」とも称されているという。

インドネシアにそういう目的で入国するのは主にヨーロッパとオーストラリアの中高年の男性という。少し古い統計だが2014年11月から2015年末までにインドネシアに入国しようとしたオーストラリア人の小児性愛者や性犯罪履歴者100人以上がオーストラリア連邦警察から提供されたブラックリストによって入国を拒否された。

またインドネシア入国管理事務所は、2017年1〜6月に海外から入国しようとした小児性愛、児童ポルノ性犯罪歴のある常習者107人を空港などで摘発、入国を拒否した事例もある。

一方では、水際で防ぎきれず犯罪が明らかになったこともある。2016年バリ島で11人の少女に性的虐待を行ったとして、当時70歳のオーストラリア人男性が禁固14年の有罪判決を受けている。

FaceBookに会員専用幼児ポルノサイト

ソーシャルメディア「FaceBook」には「Lory Candy」という幼児ポルノの専用ページがあった。2017年3月に摘発されて現在は存在しないが、会員専用のページトで、会員になるためには「幼児ポルノ」をアップロードすることが求められた。一度メンバーになるとサイト内の約500本の幼児ポルノ動画、100枚の幼児ポルノ写真を閲覧できる代わりに、定期的に別の幼児を撮影したポルノを投稿することが求められたという。会員が一度動画や写真を閲覧するために「クリック」すると1回につき15,000ルピア(約120円)が製作者の指定口座に振り込まれるシステムだったとされる。

インドネシア警察のサイバー捜査班は、この「Lory Candy」のメンバーだった3人のインドネシア人を6月20日にジャカルタ、ジャカルタ西方のタンゲラン、スマトラ島のパレンバンでそれぞれ逮捕したことを発表した。

そしてさらにメンバーだった20人以上の行方を追っているとして「幼児ポルノ、小児性愛者がいまだに街を徘徊している」と警戒を呼びかけている。

小児性愛者は俗に「ペド」(英語のペドフィリから)と称され、世界的な闇のネットワークに63か国約40のグループが存在し、1グループは約2000人で構成されているという。米連邦捜査局(FBI)など各国の捜査機関による情報交換などで現在インドネシアをはじめ23カ国で摘発、捜査が進行中だ。

インドネシアでは2017年3月に「Lory Candy」に関連して5人を逮捕しており、今回の3人逮捕はそれに続くものだ。


2017年3月「Lory Candy」の管理者だったメンバーが逮捕されたときの記者会見 KOMPASTV / YouTube

ニュース速報

ビジネス

全容解明と再発防止の徹底が経営責任=スズキ社長

ビジネス

独ダイムラー、次期CEOに初の外国人 ツェッチェ氏

ビジネス

アングル:日本郵政の企業統治に踏み込む金融庁、限度

ビジネス

ユーロ圏の成長リスク、過度に懸念せず=プラートEC

MAGAZINE

特集:エアライン大革命

2018-10・ 2号(9/26発売)

超長距離のノンストップ飛行から夢の「空飛ぶタクシー」までテクノロジーの進化で急速に変わる空の旅の最新事情

人気ランキング

  • 1

    日本は大坂なおみの二重国籍を認めるべき!

  • 2

    日本発のヤクザゲーム『龍が如く』がアメリカを席巻⁉

  • 3

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチック粒子が

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 9

    米国政治の混乱ここまで 米司法副長官がトランプの…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 8

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 9

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 10

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 6

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月