最新記事

犯罪

南の楽園に潜む闇 小児性愛、幼児ポルノの根絶目指すインドネシア

2018年7月6日(金)14時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

2017年3月に逮捕された「Lory Candy」の管理者だったメンバー KOMPASTV / YouTube

<美しいリゾートとして人気が高いインドネシアのバリ島やロンボク島。だがここは幼児性愛や児童ポルノの愛好者たちにとっても楽園だった>

インドネシア国家警察と首都ジャカルタ首都圏警察のサイバー犯罪捜査班は、ソーシャルネットワーク「FaceBook」で幼児ポルノの動画や写真をアップロードして共有していた会員の徹底的な追跡調査を現在も進めていることを明らかにした。

東南アジアでは数年前から幼児ポルノと小児性愛者による子供(10歳以下)への性的犯罪が急増しており、フィリピン、カンボジアと並んでインドネシアの子供は特に深刻な被害を受けているといわれている。

バリ島や東隣のロンボク島はそういった嗜好のある人々の間では「小児性愛者の天国」とも称されているという。

インドネシアにそういう目的で入国するのは主にヨーロッパとオーストラリアの中高年の男性という。少し古い統計だが2014年11月から2015年末までにインドネシアに入国しようとしたオーストラリア人の小児性愛者や性犯罪履歴者100人以上がオーストラリア連邦警察から提供されたブラックリストによって入国を拒否された。

またインドネシア入国管理事務所は、2017年1〜6月に海外から入国しようとした小児性愛、児童ポルノ性犯罪歴のある常習者107人を空港などで摘発、入国を拒否した事例もある。

一方では、水際で防ぎきれず犯罪が明らかになったこともある。2016年バリ島で11人の少女に性的虐待を行ったとして、当時70歳のオーストラリア人男性が禁固14年の有罪判決を受けている。

FaceBookに会員専用幼児ポルノサイト

ソーシャルメディア「FaceBook」には「Lory Candy」という幼児ポルノの専用ページがあった。2017年3月に摘発されて現在は存在しないが、会員専用のページトで、会員になるためには「幼児ポルノ」をアップロードすることが求められた。一度メンバーになるとサイト内の約500本の幼児ポルノ動画、100枚の幼児ポルノ写真を閲覧できる代わりに、定期的に別の幼児を撮影したポルノを投稿することが求められたという。会員が一度動画や写真を閲覧するために「クリック」すると1回につき15,000ルピア(約120円)が製作者の指定口座に振り込まれるシステムだったとされる。

インドネシア警察のサイバー捜査班は、この「Lory Candy」のメンバーだった3人のインドネシア人を6月20日にジャカルタ、ジャカルタ西方のタンゲラン、スマトラ島のパレンバンでそれぞれ逮捕したことを発表した。

そしてさらにメンバーだった20人以上の行方を追っているとして「幼児ポルノ、小児性愛者がいまだに街を徘徊している」と警戒を呼びかけている。

小児性愛者は俗に「ペド」(英語のペドフィリから)と称され、世界的な闇のネットワークに63か国約40のグループが存在し、1グループは約2000人で構成されているという。米連邦捜査局(FBI)など各国の捜査機関による情報交換などで現在インドネシアをはじめ23カ国で摘発、捜査が進行中だ。

インドネシアでは2017年3月に「Lory Candy」に関連して5人を逮捕しており、今回の3人逮捕はそれに続くものだ。


2017年3月「Lory Candy」の管理者だったメンバーが逮捕されたときの記者会見 KOMPASTV / YouTube

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月