最新記事

北朝鮮

北朝鮮がロシアへの国際列車ツアーを解禁した──平壌からモスクワへ

2018年7月5日(木)15時40分
中野鷹

北朝鮮は外国人のローカル駅での降車は原則認められない(訪朝者提供)

<北朝鮮からロシアへの国際列車ツアーができるようになった>

北朝鮮がロシアとの関係を強化している。これまで北朝鮮から鉄道で出国できるのは中国のみだったが、さらにロシアが加わった。

北朝鮮ーロシア間の鉄道の線路は元々連結されてはいたが、レールの幅(軌間)の違いがあり、朝ロ国境での台車交換が必要で時間がかかっていた。

中国に租借権が与えられている羅津港

2013年9月に、北朝鮮東北部の羅津港からロシアのハサンまでの約54キロメートルを、ロシアが負担して、朝ロ両国の規格に対応する4線軌条に改修した。これによりロシアの軌間(1520ミリメートル)の車両が、不凍港である羅津港まで直接乗り入れることができるようなっている。

日本統治時代の1930年代に開港した羅津港は、中国へ2005年から50年間の租借権が与えられていて、事実上の中国領土状態だ。しかし中朝関係が冷え込んでいるすきに乗じて、ロシアが参入してきた形だ。今も昔も不凍港を求めて南下する点は帝政ロシア、ソ連を経ても変わらない。

nakano0705a.jpg羅津港がある羅先特別市(訪朝者提供)

2013年、北朝鮮東北部の羅津港からロシアのハサンを結ぶ鉄道開通時のレポート KyodoNews

連結工事終了後は、主にロシアから鉱物資源を羅津港へ輸送する車両が利用し、一部のロシアの旅行会社が鉄道入国ツアーを実施していた。

それが2018年になってロシア以外の旅行会社でも鉄道利用が解禁され、北朝鮮からロシアへの国際列車ツアーができるようになったのだ。

平壌からモスクワへの国際列車が運行開始

そして今年の春、平壌からモスクワへの国際列車が毎月4日と18日に運行され始めた。これで平壌から羅先、豆満江を経て、ハサン、ウスリースク、ハバロフスク、モスクワ、さらに乗り換えればヨーロッパへも鉄道で行けるようになったことになる。

当初、平壌から羅先までの国内列車も解禁すると発表していたので、乗車希望を出してみたのだが、安全上などの理由で許可が下りなかった。取材を進めていくと、20人ほどの大人数のグループ以外の少人数での乗車はすべて断っていることが分かった。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 8

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 9

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 10

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 5

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月