最新記事

救出劇

「2キロ痩せたが健康状態は良好」 タイ洞窟から生還のサッカー少年ら

2018年7月11日(水)16時45分

チェンライで11日、少年たちの健康状態について説明するタイの保健当局者ら(2018年 ロイター/Tyrone Siu)

タイ北部チェンライ県のタムルアン洞窟に2週間以上閉じ込められ、10日までに救出された地元サッカーチームの少年とコーチ計13人は、平均2キロ体重が減っているものの、健康状態はおおむね良好だと、当局者が11日明らかにした。

ストレスを受けた兆候も見られないという。

11─16歳の少年12人と25歳のコーチは先月23日、ひとりの少年の誕生日を祝うためミャンマーとの国境に近い洞窟に入った後、豪雨で水位が上昇したため出られなくなった。

捜索にあたった英国人ダイバーらによって2日、全員の無事が確認され、8日から救出活動が開始された。世界中の注目を集めた困難な脱出作戦によって、同日少年4人が救出されたのに続き、9日に4人、10日に残る5人が救出され、作戦は成功裏に幕を閉じた。

最後に救出された5人は、ヘリコプターで約70キロ離れた病院に搬送され、先に到着して治療を受けていたチームメートに合流した。

「われわれの見立てでは、彼らの状態は良好で、ストレスを受けた様子もない。少年たちは洞窟内で、十分にケアされた状態だった。彼らは平均で2キロ体重が減少した」と、タイの保健当局者は記者団に話した。

8日に救出された少年4人の親は、すでに病院で子どもたちと再会を果たしたが、感染を防ぐため保護服を着て、2メートル距離を置かなければならなかったという。

10日救出された5人のうち1人は、肺に感染症の症状が出ており、13人全員が狂犬病と破傷風の予防接種を受けたという。

タイのメディアは、少年らの救出のニュース一色となった。

紙面には「野生のイノシシ全員救出」の見出しが躍り、「Hooyah!任務達成」と、救出にあたったタイ海軍特殊部隊(SEAL)が使う掛け声を使って救助作戦の成功を宣言した見出しもあった。

救出にあたったタイ海軍SEALはフェイスブックに 「奇跡か科学か、何なのかは分からないが、13人全員が洞窟を出た」と投稿し、全員無事だと付け加えた。

17日間におよぶ救出作戦を指揮したチェンライ県のナロンサック・オサタナコーン元知事は、医師やタイ海軍特殊部隊(SEAL)のダイバーら救助に関わった全員が無事に洞窟を離れたことを確認、「誰も可能だと思わなかったことを成し遂げた」と語った。救出にあたった多国籍のチームに言及し、「ヒーローは世界中の人々だ」と付け加えた。

救助作戦に参加したオーストラリア警察当局者は、「人間の可能性というものは素晴らしい。素晴らしい人たちが、素晴らしい仕事をなしとげた」と、チェンライで記者団に話した。

[チェンライ(タイ) 11日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

関連ワード

ニュース速報

ワールド

英国のラーブEU離脱担当相、交渉合意に自信 欧州側

ワールド

対米投資審査厳格化で合意、国防権限法案に盛り込み=

ワールド

原油先物上昇、サウジが8月の輸出減少見通し示す

ワールド

米ロ首脳会談で「何が起きたか知らない」=米国家情報

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 4

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 5

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失…

  • 6

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 7

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 8

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    自殺教唆ゲーム『ブルーホエール』プレイ後、子供2人…

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 4

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 5

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 6

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月