最新記事

米朝首脳会談

交渉は無駄と悟った?──トランプが米朝首脳会談を中止した理由

2018年5月25日(金)14時36分
トム・オコナー

あまりに突然の中止 5月22日にホワイトハウスで韓国の文在寅大統領(左)と会ったときにはトランプも米朝首脳会談やる気だったのに? Kevin Lamarque-REUTERS

<北朝鮮の敵対的な言動のために中止したと言っているが、このまま首脳会談をやってもアメリカが「勝者」にはなれないという判断が働いたのかも>

ドナルド・トランプ米大統領は、6月12日にシンガポールで予定されていた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談を、中止する意向を表明した。北朝鮮の直近の声明でアメリカに対する「激しい怒りとあからさまな敵意」が示されたため、とその理由について述べている。

中止表明は、北朝鮮が外国メディアの取材を入れて豊渓里(プンゲリ)の核実験場を爆破した直後のことだった。今回の爆破は、金正恩がアメリカとの非核化交渉と、韓国との統一を目指す目標に真剣に取り組む意思があることを示すものだった。米朝両国の在任中の指導者による初の会談が中止になったことで、朝鮮半島の不確かな平和は大幅に後退するかもしれない。

コリアン系アメリカ人の団体「コリアン・アメリカン評議会」のジェシカ・リー暫定事務局長は、本誌の取材に対し「外交はしばしば困難で厄介なものだ。米朝両国は落ち着いて、会談中止に過剰反応するべきではない。双方に進捗は見られるし、再び瀬戸際外交に立ち戻ることはできない。特に今後は戦争が選択肢になりかねない」と話している。

トランプが会談中止を決めた背景には、以下の5つの理由が考えられる。

核と核の決戦に

(1)北朝鮮がペンス副大統領を侮辱した

5月21日に放送されたFOXニュースのインタビューで、マイク・ペンス米副大統領は「金正恩がトランプ大統領を手玉に取れると考えているなら大きな間違いだ」と語り、もし金正恩が核兵器を放棄しないならリビアの最高指導者カダフィ大佐と同じ運命をたどるだろうと警告した(カダフィ大佐は、2003年に核開発を放棄したが、米英仏などの支援を受けた反体制勢力によって2011年に政権は崩壊し、殺害された)。朝鮮中央通信は24日、崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官の声明として、ペンスが「無知でばかげている」「政治家としてダミー(まぬけ)」だと激しい言葉で罵った。

(2)北朝鮮が核兵器使用をちらつかせた

崔外務次官は同じ声明で、和平交渉が進まなければ唯一の選択肢は「核と核の決戦」になると脅しをかけた。北朝鮮は、自国の核開発の目的は自衛に限られ、米軍の侵攻を抑止するためだと常に主張してきた。2017年以降のトランプと金正恩の非難の応酬では、双方からの核攻撃の脅しもあったが、会談直前の北朝鮮の言動にトランプ政権は我慢ならなかったのかもしれない。

ニュース速報

ワールド

米民主党、最高裁判事の承認採決ボイコットへ 上院司

ワールド

ナイジェリアで抗議が暴動に発展、ラゴスなどに夜間外

ワールド

オバマ氏、激戦州でバイデン氏支持訴え 米大統領選終

ビジネス

米ナスダック、第3四半期は利益が予想上回る インデ

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 6

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 7

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 8

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 9

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月