最新記事

北朝鮮

脱北者の遺体を氷の上に放置......北朝鮮「国境警備隊」の猟奇的な実態

2018年5月17日(木)11時40分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

中朝国境の鴨緑江に掛かる橋の中国側ゲート Damir Sagolj-REUTERS

<死者に敬意も払わず遺体を平気で放置するような、反社会的とも言える悪習が蔓延した朝鮮人民軍の実態>

中朝国境の川・鴨緑江(アムロクカン)の岸辺に、殺伐とした光景が広がっているもようだ。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、脱北に失敗して射殺された人々の遺体が次々と見つかっているという。

中国吉林省の消息筋がRFAに語ったところでは、「最近、北朝鮮との国境に面した長白県の川原に、北朝鮮人と見られる遺体が次々と見つかり、地元民が北朝鮮当局を非難している。(遺体は)脱北に失敗し、射殺された人々のようだ」という。

この辺りは、厳冬期には川面が凍結する。脱北者たちはその上を歩いて中国へと向かうのだが、遺体となって見つかった人々はその際に撃たれたのだろう。春になって氷が解け、下流へ流されながら、岸辺に打ち上げられたものと見られる。

「遺体をみつけた中国人たちは皆、北朝鮮当局に対する怒りを露わにしている。生きる道を求めて出てきただけの人たちを殺し、遺体さえ収容しないとはむごすぎる」(前出の消息筋)

死んだ人に敬意を払わず、遺体を平気で放置するような実態は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)内部における反社会的とも言える悪習が影響しているのかも知れない。

参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

韓国の北韓人権情報センター(NKDB)が2月に発刊した「軍服を着た収監者~北朝鮮軍の人権実態報告書」によると、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)内では兵士らに対する公開処刑が頻繁に行われているという。

報告書に収録された脱北者の目撃談のなかには、見せしめのために一度処刑した兵士の死体を他の兵士が集まっている場所まで運び、再度銃で撃ったというものや、橋梁の建設工事中の事故で死亡した兵士98人の遺体を収拾せず、セメントで埋めてしまったというものまであった。

参考記事:死体を大勢の前に運び...北朝鮮軍「公開処刑」の猟奇的な実態

北朝鮮におけるこのような人命軽視は、軍隊に限った話ではない。危険な工事現場では、必ずと言っていいほどこのようなことが起きる。

しかしやはり、軍隊のような閉鎖的な集団の中で一度このような悪習が生まれると、兵士たちは徐々に無感覚になり、「人の死」の意味を深く考えなくなるのだろうか。北朝鮮軍の軍紀びん乱は非常に根の深い問題だが、それでもまだ、上意下達の組織により統率されている限りはマシかもしれない。

仮に、現在の南北対話の流れが加速して軍縮が現実のものとなり、軍の統率がゆるんだとき、このような悪習により、北朝鮮社会が広く「汚染」されるようなことにならないよう祈りたい。

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。
dailynklogo150.jpg

ニュース速報

ビジネス

焦点:英国にようやく自動化の波、ブレグジットで人材

ビジネス

焦点:イタリア債務問題、ユーロ圏に伝播しない理由

ワールド

サウジが不明記者の死亡認める 高官2人解任 米大統

ワールド

焦点:貿易戦争が招いたブラジル農業ブーム、米アイオ

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 5

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 6

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 7

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 10

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月