最新記事

北朝鮮情勢

6カ国協議復帰が前提だった中朝首脳会談──遠のく米朝首脳会談

2018年4月6日(金)12時40分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

北京の人民大会堂で中朝首脳会談を行った金正恩と習近平 Ju Peng/REUTERS

中朝首脳会談を承諾するに当たって、習近平は中国が主導してきた6カ国協議を前提条件として金正恩に課していたようだ。この情報が漏れたことにより、米朝首脳会談が流れる可能性が生まれ、日本にチャンスを招く。

漏れてきた中朝首脳会談の中身の一部

まだ正式発表を控えていた中朝首脳会談の中身の一部が漏れ伝わってしまったようだ。中国政府関係者が、「正式発表はしていないのに、誰かが漏らしてしまった」と教えてくれた。日本では日経新聞(北京=永井央紀)が4月5日18:00のイブニングニュースで伝えている。中国政府関係者が言った「誰かが漏らした」というのは、この日経新聞にそっと教えた人なのか否かは定かではない。日経新聞では「複数の中朝関係者が明らかにした」と、うまくぼかしている。一般に情報源の近くでぼかすものだ。ただ、いずれ漏れてしまったのなら、筆者も自身の見解と経緯を発表しても許されるだろう。

中国は北朝鮮問題に関する「中・朝・露・韓・米・日」(順不同)の6ヵ国による協議を2003年から主導してきたが、2008年には中断に追い込まれてしまい、面目を無くしていた。習近平政権が発足した2013年には(習近平が国家主席になったのは2013年3月)、北朝鮮は「6カ国協議は存在しない」と宣言していた。

したがって金正恩委員長の方から中朝首脳会談を申し出たのだから(北朝鮮自身が3月末に発表)、習近平国家主席に非礼を詫びて「6カ国協議に復帰します」と言ったであろうことは想像にかたくない。

その点を中国政府関係者に確認したところ、「誰かさんのように、まだ正式発表していない会談内容の部分を教えることはできないが、しかし中国は一貫して6カ国会談という対話の形で半島問題を解決すべきだと主張してきた」とのみ答えた。中国では「六国会談」と言うのが慣例。

思うに習近平は、金正恩の中朝首脳会談に関するオファーに対して「会うのは構わないが、その代わりに六国会談に復帰するということが前提条件だ」と要求したのは確かだろう。

限界が見えてきた金正恩外交

これまでの金正恩の、韓国、中国、アメリカ、ロシア......といった外交戦略と動き方を見ていると、なかなかに戦略的だという側面を否定できなかったが、しかしここに来て、馬脚を現し始めたか、という感を拭えない。

MAGAZINE

特集:英国の悪夢

2019-4・ 2号(3/26発売)

EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

人気ランキング

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明らかに

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れ…

  • 5

    KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 10

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月