最新記事

人権問題

「殺された」米大学生の両親、北朝鮮を人権侵害で提訴

2018年4月27日(金)17時30分
クリスティナ・マザ

2016年に些細な罪で拘束され、自白を強要されて平壌で記者会見するアメリカ人大学生オットー・ワームビア(当時22) KCNA-REUTERS

<北朝鮮で過酷な拷問を受け帰国後死亡したオットー・ワームビアの両親が、北朝鮮を提訴。非核化一辺倒になりがちな首脳会談に一石を投じ、トランプに行動を促した>

昨年6月に死亡したアメリカ人大学生オットー・ワームビア(当時22)の両親が4月26日、北朝鮮の金正恩独裁政権が息子を拘束し、過酷な拷問を与えて殺害したとして、北朝鮮を相手取り、米連邦裁判所に損害賠償を求める訴えを起こした。

ワームビアは昨年6月に脳に損傷を受けた昏睡状態で解放され、アメリカに帰国して約1週間後に死亡した。拘束中のワームビアの身に何が起き、なぜ昏睡状態に陥ったのか、北朝鮮は一切説明していない。彼は2016年1月、観光ツアーで平壌を訪れた際、ホテルにあった政治プロパガンダのポスターを盗んで逮捕され、国家転覆罪で有罪となり約1年半拘束された。

父親のフレッド・ワームビアは提訴後、声明を発表した。「息子は金正恩の人質にとられ、政治目的で囚人として拘束され、とてつもなく残酷な拷問を受けた。金正恩政権は故意に息子の命を奪っておきながら、無実を装っている。この訴訟は、息子とわれわれ家族を野蛮に扱った北朝鮮に責任を問うものだ」

訴訟は、6月上旬に予定される金正恩とドナルド・トランプ米大統領の米朝首脳会談を睨むタイミングで提起された。しかも、歴史的な南北首脳会談の前日だ。

残る3人のアメリカ人を解放させよ

このタイミングで北朝鮮の人権問題がクローズアップされれば、アメリカは対北朝鮮で強硬姿勢をとらざるをえなくなり、米朝対話は頓挫しかねない、と指摘する専門家もいる。トランプは北朝鮮をめぐる発言で事あるごとに、ワームビアが死亡した問題を取り上げてきた。米朝首脳会談では北朝鮮の人権侵害を提起する、とも誓ってきた。

北朝鮮で長年続く人権侵害とアメリカ人市民の拘留問題は、北朝鮮の非核化に世界の注目が集まるあまり見過ごされがちだったが、訴訟がきっかけで今後は焦点が当たるだろう、と専門家は言う。

「ワームビアの両親による訴訟は南北首脳会談の日を狙ったもので、北朝鮮問題は非核化だけでないことを思い出させる」と、米ワシントンの公共政策シンクタンク、ナショナル・インタレスト・センターのハリー・カジアニス国防研究部長は本誌に語った。「もし北朝鮮が普通の国のように扱われたければ、そのように振舞わなければならない。この訴訟は、簡単に水に流せない過去の犯罪行為の責任を問うものだ」

カジアニスはさらに続けた。「米朝首脳会談の前に、まだ北朝鮮に拘束されているアメリカ人3人を健康な状態で解放させるのは絶対条件だ。それができないなら、トランプは金に会うべきではない」

(翻訳:河原里香)

ニュース速報

ワールド

アングル:イランの対米軍攻撃、人命救った謎の「事前

ビジネス

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済

ビジネス

ドル上昇、堅調な米指標受け景気減速懸念が後退=NY

ワールド

米、NYなど3空港でコロナウイルス検査 武漢からの

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

  • 4

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 5

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 8

    日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

  • 9

    台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 7

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月