最新記事

韓国事情

韓国で後を絶たないパワハラ事件 SNSでさらに表面化

2018年4月20日(金)15時10分
佐々木和義

「ナッツ・リターン事件」の妹のパワハラが発覚 Youtube

<「ナッツ・リターン事件」の妹のパワハラが発覚するなど、後を絶たない韓国のパワハラ体質社会にも変化が見られる>

大韓航空を傘下に持つ韓進財閥グループのKALホテルネットワークの社長に、元大韓航空副社長の趙顕娥(チョ・ヒョンア)氏が就任した。趙顕娥氏は韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の長女で、2014年12月に起きたいわゆる「ナッツ・リターン事件」を機に副社長を辞任して以来、3年4カ月ぶりの経営復帰となった。

同氏は米ニューヨークの空港で自社旅客機の客室乗務員のナッツの出し方に腹を立て、滑走路に向かっていた機体を引き返させて客室サービス責任者を降機させたことから航空保安法上の航空機航路変更などの罪で逮捕・起訴され、2017年12月21日の最高裁で懲役10カ月、執行猶予2年が確定している。

趙顕娥氏の実妹の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)氏も2018年3月にパワハラ事件を起こし、警察が捜査を開始した。

大韓航空の広告担当専務の趙亮鎬氏は、3月16日の会議中に自分の質問に対する明確な回答がなかったとして広告代理店の職員に暴言を吐き、水が入ったコップを投げつけた疑惑がもたれている。ハワイで生まれた同氏はアメリカ国籍を所持しており、警察は海外逃走を防止するため、4月18日に出国停止を申請した。

相次ぐパワハラ事件

韓国では近年、財閥オーナー家、特に3代目の横暴が話題になることが多い。財閥など大手企業等の創業者は苦労して会社を大きくし、2代目は親を見て育ったが、3代目の多くが子供の頃から王族のようにもてなされてきた。そうしたこともあって入社後も傍若無人になりやすいのか、2017年1月にはハンファ財閥グループ会長の3男が飲み屋で暴力事件を起こして逮捕されている。

また、大企業社員によるパワハラも後を絶たず、2013年には乳業会社大手である南陽乳業の営業社員が在庫を代理店主に押しつけながら暴言を吐いた音声がソーシャルネットワーク(SNS)で公開され、酒造会社ペサンミョン酒家の代理店主は会社からの買い取り要求に起因する借金を苦に自殺した。

このように、立場が上のものを「甲」、立場が弱いものを「乙」とし、「甲」から「乙」に対する横暴が次々に表面化したことで、「甲乙問題」として社会問題に発展した。

上下関係を重視する慣行に起因

また2013年5月のソウル新聞によると、アルバイトの90%以上がパワハラを受けた経験があるという。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

  • 2

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 3

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会…

  • 6

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 7

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 10

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月