最新記事

北朝鮮

米朝首脳会談に米国内から批判の声 トランプ擁護にCIA長官らやっき

2018年3月12日(月)14時35分

3月11日、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の申し出に応じ、史上初の米朝首脳会談が5月までに実現する見通しとなったことについて、ポンペオ中央情報局(CIA)長官(写真)は、「大統領は見かけだけのために動いているのではなく、問題を解決しようとしている」と述べ、大統領を擁護した。写真は2月にワシントンで撮影(2018年 ロイター/Aaron Bernstein)

トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の申し出に応じ、史上初の米朝首脳会談が5月までに実現する見通しとなったことについて、米政府高官らは11日、会談は見かけだけではなく、北朝鮮への贈り物でもないと述べ、大統領を擁護した。

ポンペオ中央情報局(CIA)長官はFOXニュースの番組で、「大統領は見かけだけのために動いているのではなく、問題を解決しようとしている」と述べた。

ポンペオ長官とムニューシン財務長官は11日のニュース番組で、米政府は北朝鮮が米国側との会合に先立ち、すべての核・ミサイル実験を中止することを見込んでいるとの考えを表明。会談の最終目標は朝鮮半島の非核化であり、金委員長はこれに同意していると述べた。

ポンペオ長官は、朝鮮半島周辺での米軍の演習は会談開催まで継続されると述べた。

米朝首脳会談の場所や日程はまだ決まっていないが、トランプ大統領が会談の申し出をすぐに受け入れたことで、関係国の当局者は慌ただしく準備に入った。

北朝鮮の歴代指導者は米大統領との対面での会談を長年要求してきたが、人権侵害や核開発が問題となり、実現しなかった。

民主・共和両党の議員からは、米国は北朝鮮との首脳会談を受け入れる前に譲歩を求めるべきだったとして、トランプ政権に批判的な意見が出ている。

民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員はNBCの番組で、「北朝鮮に『ご褒美』を与える前に、米政府は検証可能な形での方針転換を北朝鮮に要求すべきだ」とし、北朝鮮がトランプ大統領を「利用」することを懸念していると述べた。

ポンペオCIA長官とムニューシン財務長官はこうした批判に反論。米政府は北朝鮮に譲歩せず、経済制裁と軍事力による威嚇を会談まで継続することで同国に圧力をかけ続けると述べた。また、トランプ大統領が首脳会談に応じたことが金委員長を国際政治の舞台に引き上げることになるとの見方も否定した。

ポンペオ長官はCBSの番組で「トランプ政権は北朝鮮の監視を継続しており、この間も圧力をかけ続けている」と語った。

共和党のコリー・ガードナー上院議員は11日、CBSの番組で、会談の開催前に北朝鮮の具体的な行動を確認することが重要だと指摘。「会談後では、外交手段の余地が非常に限られる」と述べた。

米コンサルティング会社ユーラシア・グループのイアン・ブレマー社長はCNNの番組で、米国の歴代大統領が成し遂げていないことを実現することはトランプ大統領にとって非常に魅力的だと指摘した上で、「大統領が実現を望んでいるのは明らかだが、それは実現を意味しない」と述べた。

[ワシントン 11日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月