最新記事

中国

中国警察がロボコップ化! 「顔認証グラス」は犯罪者も誤魔化せない

2018年2月8日(木)17時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

先週一部で導入された「顔認証グラス」 人民日報-Twitter

<導入から1週間ですでに7人逮捕するなど効果はてきめんのようだが、ヨーロッパメディアは痛烈な皮肉を飛ばす>

中国の警察が『ロボコップ』さながらの新装備「顔認証グラス」をお披露目した。

顔認証技術を備えたダークサングラスは、前科などの情報が蓄積されたデータベースにリンクされているという。当局は、2月16日から始まる旧正月(春節)の帰郷ラッシュ、人民大移動を控え、ターミナル駅での監視を強化することで犯罪容疑者の発見につなげたい考えだ。

このグラスを掛けると何が起こるのか。英テレグラフによると、使い方を習得した警官はグラスを通して即座に、対象者の名前、人種、性別、住所などの個人情報を確認することができる。

河南省にある鄭州東駅は、中国の鉄道で最大規模のジャンクションだ。毎年、春節で地元に帰る多くの人が利用する。先週、同駅に勤務する警察官らが、このグラスを装着し任務を開始すると、これまでに、誘拐やひき逃げ犯ら7人を逮捕したという。さらに、偽の身分証を使用していたとして26人の身柄を確保した。

(人民日報-Twitter)


人民日報のウェブで公開された写真から、女性警官が掛けているグラスの右レンズに小さなカメラが取り付けられていることが確認できる。このカメラが捉えた画像データは携帯端末に送られ、内臓されたアプリで処理されて、データベース上の情報と照合されるという仕組みだと、地元の警察当局のチャン・シャオレイが中国共産党系の新聞「環球時報」に語っている。アプリはデータベース上のすべての情報にアクセスが許可されており、この情報には対象者の最近のインターネット閲覧履歴まで含まれるという。

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 2

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語』著者が斬る30年間の変遷

  • 3

    なぜトランプは平気で「ウソ」をつけるか──ヒトラーとの対比から

  • 4

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    ポンペオの「Huaweiは嘘つき」発言を検証する

  • 7

    男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    感染広がる反ワクチン運動から子供を守れ(パックン)

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 6

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 7

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 10

    新天皇を迎える韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月