最新記事

ヘルス

男性諸君、ハイテク下着で精子を守れ!

2018年2月7日(水)11時00分
エイプリル・グレーザー

銀繊維で電磁波を遮断するハイテク下着 Patrick T. Fallon-Bloomberg/GETTY IMAGES

<スマホはいつもジーンズの前ポケット? それなら電磁波をカットしてくれる下着をどうぞ>

世界最大の情報家電見本市コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)に露出狂の男たちが乱入、したわけではない。写真の2人はれっきとした出展企業のスタッフ。まあ、女から見ると限りなくセクハラに近いけれど、IT産業の世界が男性優位なのは周知の事実だ。そんなこと気にしていたらCESの取材なんかできない。

今やカジノの都ラスベガスの新年恒例行事となった感のあるCESには、例によって大ヒットを予感させる新製品から「誰が買うの?」と首をかしげたくなる珍商品までが勢ぞろい。写真の男性用「ハイテク」ブリーフは後者の例だと思うけれど、昨年に続いての出展ということは、ひそかに買い求める男性がそれなりにいたのかも。

製造元のスパルタン社によれば、この1年間の販売実績は約3万枚(SからXXLまでの5サイズあり、1枚35ドル前後)に上る。主な顧客はジーンズの前ポケットにスマートフォンを入れて歩く習慣があり、かつスマホの放つ電磁波による精子の減少を気にする男たち。布地に銀繊維が織り込んであり、これで電磁波を99%までカットできるそうだ。

モバイル機器の放つ電磁波が体に悪いという話はスマホ以前の時代からあった。携帯電話を耳に押し当てて長時間しゃべっていると脳腫瘍になるという都市伝説もあれば、それなりに科学的な研究もある。

例えば16年にはイスラエルのテクニオン大学の研究者らが、日頃からスマホを下半身に近づけて持ち歩く男性では精子の数が減る傾向があると警告している。ただし統計的なデータにすぎず、因果関係は明らかでない。また飲酒や喫煙、太り過ぎや過度なストレスなども、元気な精子の数や運動能力に影響を及ぼすとされている。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米FRB、経済の完全な回復まであらゆる手段行使=パ

ビジネス

米FRB、一般企業と地方政府に資金供給 2.3兆ド

ワールド

中国、新型コロナ検査強化へ 再発リスクに警戒

ワールド

カナダ、新型コロナ死者最大2.2万人も 3月は10

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 7

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    「世界は中国に感謝すべき!」中国が振りかざす謎の…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月