最新記事

アフリカ

南アフリカのズマ大統領が辞任表明 9年の政権に幕

2018年2月15日(木)08時36分

 2月14日、南アフリカのズマ大統領(写真)は演説を行い辞任を表明した(2018年 ロイター/Siphiwe Sibeko)

南アフリカのズマ大統領は14日、国民向けに演説を行い、辞任を表明した。汚職疑惑の高まりを受けて9年に及ぶ政権に終止符が打たれることになった。

ズマ氏は、12月にラマポーザ副大統領が与党アフリカ民族会議(ANC)の党首に就任して以降、自身を早期退陣に追い込む流れが強まったことに異議を唱えたうえで、ANCによる辞任勧告を受け入れると表明。

「わたしは辞任する決定に至った」と述べ、即日に大統領職を退くとした。

「ANC執行部の決定に同意はしないが、わたしはこれまで一貫して党の規律を守ってきた」と強調した。

ANCは前日、ズマ氏に辞任を勧告。14日には、野党が提出し、15日に採決が予定されていたズマ氏に対する不信任決議案について、支持する方針を示していた。

通貨ランドはこの日、対ドルで1%強上昇し、2年半ぶりの高値である1ドル=11.66ランドを付けた。

ANCのジェシー・デュアルテ副事務局長は「南アの経済、社会的課題に迅速で断固とした対応が必要となるなか、(ズマ氏の)辞任は南ア国民に確実性をもたらす」と評価した。

同党のジャクソン・ムテンブ院内幹事長は、ズマ氏による辞任表明に先立ち、ラマポーザ副大統領(65)が早ければ16日にも大統領に就任する可能性があると述べていた。ラマポーザ氏は党内融和を図ると期待されている。

南ア警察はこの日、ズマ氏を巡る汚職疑惑の中心人物とされてきたインド系富豪グプタ家邸宅の捜査に踏み切った。グプタ家はズマ氏との親しい関係を利用し、国有企業や公共事業に介入した疑いがもたれている。

国営南ア放送協会(SABC)によると、グプタ家の1人を含む複数人が拘束された。司法筋は、警察は追加で最大7人を逮捕する構えで、グプタ家のメンバーも含まれると語った。



[ヨハネスブルク 14日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

原油先物は小幅上昇、中国が通商協議で米国に代表団派

ワールド

カンボジア下院選、与党が全議席獲得 野党弾圧で海外

ビジネス

トヨタ、中国で生産能力12万台拡張を計画 販売拡大

ワールド

中国商務次官、通商協議のため8月末に訪米=中国商務

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月