最新記事

朝鮮半島

北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

2018年2月13日(火)15時40分
ソフィア・ ロット・ペルシオ

北朝鮮に帰る「美女楽団」を国境で待ち構え、韓国当局に取り押さえられた脱北女性(2月12日) Jung Yeon-je-REUTERS

<望郷の念を断ちがたく、北朝鮮に帰国する美女楽団を追いかけてきた脱北女性を、韓国当局は北朝鮮のスパイと言うが?>

2月12日、平昌冬季オリンピックのために韓国を訪れていた北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団が帰国の途に就こうとしたとき、彼らのバスに一人の女性が駆け寄った。祖国の北朝鮮に帰りたいと広く公言している脱北者だ。

女性はキム・リョンヒという名で、137人の楽団員を乗せたバスが北朝鮮との国境にある南北出入国事務所(CIQ)に着いた時に突然現れた。楽団は前日にソウルで公演を行い、北朝鮮訪問団の政府高官や韓国の文在寅大統領も鑑賞した。

韓国の聯合ニュースによると、キムは、「さようなら、みなさん。私はキム・リョンヒ、平壌市民です」と楽団員に言ったという。「できるだけ早く家に帰りたいです」と言いながら、朝鮮半島旗(統一旗)を振った。韓国政府職員はキムを止め、楽団員の目に触れさせまいとしたが、初めて脱北者を目にしたであろう楽団員たちは戸惑っているようだった。

キムは韓国英字紙コリア・ヘラルドに対し、地元住民の助けで国境エリアに入ることができたと語った。「住民が迎えに来て乗せてくれた。身分証明書があればどこでも問題なく入ることができた」と話した。「できるだけ楽団の近くに行きたかった」

国連の記者会見に乱入

平壌で裁縫師をしていたキムは2011年、中国、ラオス、タイを経て韓国に入った。2015年にCNNに語ったところによると、キムは肝疾患の治療のために中国に行ったが、医療費が高過ぎて払えないことがわかった。韓国に行けば数カ月で稼げると言うブローカーに騙されて韓国に来て帰ることができなくなったという。

だが韓国当局は、パスポート偽造の罪でキムを拘留しながら帰国を認めず、本国へ送還されることを願う北朝鮮の元スパイだと主張する。

国連の北朝鮮人権状況特別報告者、トマス・オヘア・キンタナも、2017年12月、キムに面会している。ロイターによれば、キムは面会の翌日、ソウルで開かれた国連の記者会見に乱入し、帰国したいと訴えて、韓国政府に人権を侵害されていると主張した。

キムは、北朝鮮に住む家族に再会したいと訴え、そのためなら帰国後に苦難に直面しても耐えられると述べた。「(韓国で)生計を立てていけるし、生活に何の支障もない。(北朝鮮に帰れば)暮らしは悪くなる可能性があるし、飢えに苦しむかもしれない。しかし家族はもっと大切だ」と、キムはコリア・ヘラルドに語った。

ニュース速報

ワールド

原油先物3%超上昇、OPECプラスの協調減産延長に

ワールド

仏、新型コロナ死者2.8万人 13日ぶりに100人

ワールド

新型コロナワクチン、年内の利用開始を期待=米軍研究

ワールド

米の黒人暴行死への抗議、世界的に拡大 欧州・アフリ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 6

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月