最新記事

セクハラ疑惑

今度の性被害者は男性モデル!ヴォーグ誌が著名写真家を「クビ」に

Fashion Photographers Sexually Exploited Male Models

2018年1月15日(月)15時45分
グレイス・グァルニエリ

モデルのケイト・モスとポーズする著名写真家マリオ・テスティーノ Neil Hall-REUTERS

<英王室やカルバン・クラインの写真も撮る大物写真家2人に受けた長年のセクハラ被害を男性モデルたちが告発>

米ヴォーグ誌が、セクハラ疑惑の渦中にある著名なファッション写真家2人を「クビ」にした。

13日にニューヨーク・タイムズ紙は、写真家のマリオ・テスティーノ(63)とブルース・ウェバー(71)のセクハラを告発する多くの男性モデルの声を伝えた。これを受けてヴォーグのカリスマ編集長アナ・ウィンターは、テスティーノとウェバーには「当面の間」仕事を依頼しないと発表した。

テスティーノに対しては13人の男性モデルおよび元アシスタントがセクハラ被害を訴えているほか、ウェバーに対しては15人の男性モデルから、性的な行為を強制されたほか、撮影の最中に必要もないのに裸にさせられたとの声が上がっている。ウェバーは、カルバン・クラインのセクシーなCMを撮影したことでも知られる。

「セクハラは絶え間なく続いた」と、テスティーノと90年代に一緒に仕事をした元アシスタントは述べている。

被写体にはウィリアム英王子夫妻も

モデルらによれば、テスティーノは撮影の最中に体を触ってきたほか、彼らの前で自慰を行ったりしたという。テスティーノは、ヴォーグの今年2月号の表紙を飾ったテニス選手のセリーナ・ウィリアムズが娘を抱いている写真のほか、ウィリアム英王子夫妻が婚約した際の公式写真など英王室の人々を撮った写真でも知られる。

ウェバーの弁護士が出した声明によれば、ウェバーは「心底ショックを受けており」、セクハラ疑惑については「完全に」否定しているという。テスティーノの弁護士も、指摘されたような出来事は一切起きていないとの立場だ。

ウェバーは先月、モデルのジェイソン・ボイスからセクハラで訴訟を起こされている。ボイスは撮影中、ウェバーから自分の性器を触ったり、ウェバーの指を舐めるよう強要されたと主張している。

モデルのロビン・シンクレアもニューヨーク・タイムズに対し「彼(ウェバー)が指を私の口に当て、私のプライベートな部分をつかんできたのを記憶している」と証言している。「セックスのようなことは一度もしなかったが、それでもいろんなことが起きた。繰り返し触られ、繰り返しいたずらをされた」。他の2人の男性モデルも同様の証言をしている。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは113円後半、ユーロは一時1.132ド

ビジネス

前場の日経平均は小幅続落、上値追いの材料乏しく

ビジネス

中国不動産投資、1─10月は前年比+9.7%に鈍化

ワールド

米「レームダック」議会再開、予算やロシア疑惑捜査な

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 7

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が…

  • 8

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 9

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 10

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 3

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 8

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 9

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 10

    【動画】ロシア軍機が米軍機をインターセプト

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月