最新記事

テクノロジー

アップルウオッチ3 発売3カ月の「評判」

2018年1月6日(土)14時30分
クリスティーナ・ポニントン

アップルウオッチ3はフィットネス関連の利便性が飛躍的に改善 PHOTO ILLUSTRATION BY JASON REEDーREUTERS

<評判の悪かったワークアウト関連機能は発売から2年を過ぎて劇的に向上したが>

アップルウオッチ・シリーズ3には新しい機能がある。ジムのマシンとデータを同期させる「ジムキット」だ。現在の最先端GPSや活動量計の一歩先を行く機能で、アップルウオッチを究極のフィットネストラッカーにする。

ジムキットを使えば、互換性のあるランニングマシンなどの機器にアップルウオッチを軽く触れさせるだけでペアリングが完了。両者を同期させることで、ワークアウトのデータをより完璧に記録できる。アップルウオッチに入力済みの身長・体重などの情報を基に、推定消費カロリーもより正確に、より手軽に記録できる。

この機能は現在、ニューヨークの1カ所のジムだけで使用可能だが、18年にはエクイノックス社が展開するアメリカ各地の施設で使える。いずれシュウィンやテクノジムなどのメーカーの機器とも接続する予定だ。

15年の発売当時、アップルウオッチのフィットネストラッキング機能は実に評判が悪かった。GPS機能がなく、防水でもなく、活動追跡機能もごく基本的なものしかなかった。

だがその後、フィットネス関連機能は目覚ましく改善されている。17年9月に発売されたシリーズ3にはGPS追跡機能も携帯との通信機能も付いている。16年発売のシリーズ2以降は防水で、泳ぐときにも使用できる。

屋外での運動の追跡機能については、優れた機器が既に多数ある。ガーミンやポラールなどの機器メーカーが、水泳の腕の動きからマウンテンバイクで走行した地形の正確なマッピングに至るまで、あらゆるデータを記録できるスマートウオッチや活動量計を作っている。

だが、これらは屋内ではあまり役に立たない。例えばガーミンのフォアランナー920XTには屋内モード設定があるが、特に屋内サイクリングモードはワークアウトのデータしか記録しない。心拍数計も一緒に付ければ、消費カロリーを推測してくれるかもしれない程度だ。

アップルはジムとの接続性を持たせたことで、これらのスマートウオッチや活動量計が提供する機能の先を行っている。

まだ課題はあるけれど

アップルと同等レベルの数少ない機器の1つはガーミンのビボスマート3だが、役に立つより面倒なことが多いという声もある。ウエートリフティングの回数表示は数え間違いが多く、具体的なエクササイズ内容を手動で入力しなくてはいけない。

アップルウオッチはワークアウト機器とじかに接続できるから、こうした問題の一部は解消される。データ(機器によって異なるが、心拍数、消費カロリー、ペース、高度など)はアップルウオッチに送信され、さらにスマホに転送・保存される。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国の軍事脅威なお存在、台湾周辺の訓練縮小でも=蔡

ビジネス

ドイツテレコム、第2四半期中核利益予想上回る Tモ

ビジネス

発電用で石油需要が拡大、価格高騰のガスからシフト=

ビジネス

米ガソリン小売価格、3月以来の4ドル割れ ピークか

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 4

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 5

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 6

    他の動物のミルクを飲むヒトの特殊性と、大人が牛乳…

  • 7

    25本の指を使って毛布をこねこねする猫

  • 8

    韓国、観測史上最大の約450ミリの集中豪雨 半地下に…

  • 9

    アートとNFTめぐるダミアン・ハーストの実験 4800人…

  • 10

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 9

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 10

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月