最新記事

映画

『スター・ウォーズ』最新作は、映画界を新たな銀河に導く最高傑作

A Bold New Vision

2017年12月28日(木)10時20分
サム・アダムズ

magc171228-sw02.jpg

© 2017 LUCASFILM LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

光と闇の間で揺れ動く心

その芸術的なまでに美しい戦闘シーンや、印象的な殺陣(たて)は、ルーカスが『スター・ウォーズ』のアイデアの基にしたという黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』(1958年)や、スローモーションによる銃撃戦が印象的だったサム・ペキンパー監督の『ワイルドバンチ』(1969年)を彷彿させる。

シリーズ前作『フォースの覚醒』は、ファンを喜ばせる仕掛けを巧みに盛り込み、新たなキャラクターを加えつつ、オリジナル3部作に限りなく忠実に寄り添っていた。ジョンソンはその両方をやりつつ、映画界全体にとってさえ純粋に新しいと思わせる要素を『最後のジェダイ』に盛り込んだ。

フォースの力が覚醒しつつあるレイ(デイジー・リドリー)は、世捨て人のようになったジェダイ、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)を発見。銀河を脅かすファースト・オーダーとの戦いに力を貸してほしいと頼むが、過去の失敗に苦しむルークは首を縦に振らない。

亡き暗黒卿ダース・ベイダーを崇拝するカイロ・レン(アダム・ドライバー)は、ファースト・オーダーの最高指揮者スノークに認められようとハックス将軍と競い合うが、その心は光と闇の間で揺れ動く。

レジスタンスでは、血気盛んなパイロットのポー・ダメロンがファースト・オーダーを攻撃すべきだと主張して、レイア将軍やホルド中将と衝突する。元ストームトルーパーのフィンは整備士ローズと出会い、ファースト・オーダーの追跡機能を無効化できる人物を探す旅に出る。

さまざまなストーリーが同時進行するため、中盤あたりで少々疲れてしまう観客もいるかもしれない。だがそれもやがて撮影監督スティーブ・イェドリンによる目の覚めるような(時にエレガントでさえある)映像に圧倒されて、吹き飛んでしまうだろう。

レイアを演じたキャリー・フィッシャーは、本作の撮影終了後に死去した。映画製作は編集段階にあったから、ジョンソンはレイアを急死させることもできたはずだが、当初のシナリオどおりの展開を維持した。

ニュース速報

ワールド

米国が貿易戦争主張するなら、中国は報復=崔天凱・駐

ワールド

麻生財務相、自らの進退「考えていない」

ワールド

キューバ新議長、革命精神維持と経済近代化を強調

ビジネス

正午のドルは107円半ば、実需の買いなどで上昇

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 4

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 5

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 8

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 9

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 10

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月