最新記事

選挙

スペイン、カタルーニャ州議会選で独立派が過半数 混乱は長期化か

2017年12月22日(金)14時45分

12月21日、スペイン北東部カタルーニャ自治州で実施された州議会選挙(議席数135)で、開票率52%の段階で独立賛成派が70議席を獲得した。(2017年 ロイター/Albert Gea)

スペイン北東部カタルーニャ自治州で21日に実施された州議会選挙は即日開票され、独立賛成派が改選前と同様に過半数議席を確保した。ただ、第1党には反独立派政党が躍進し、独立を巡る混乱が長期化してスペイン経済全体にさらに悪影響が広がることが懸念されている。

開票作業はほぼ終了し、独立賛成派の獲得議席は、135議席中70議席となった。プチデモン氏らの保守系独立派「カタルーニャのための連合(JXC)」は、独立賛成派の政党の中で最多の議席を獲得した。

一方、第1党となったのは、反独立の「シウダダノス」。ただ、ラホイ首相の国民党と社会労働党は惨敗した。

今回の選挙は、独立の是非を問う住民投票を10月に強行したプチデモン氏を中央政府のラホイ首相が解任して以降も続いてきた独立運動に対する事実上の信任投票となった。投票率は83%を超え、過去最高となった。

反逆容疑で逮捕状が出ているプチデモン氏は、滞在先のブリュッセルから選挙活動を行ってきた。

結果を受けてプチデモン氏は「ラホイ氏が方針を転換するか、もしくはわれわれが国を変える」と宣言した。

独立運動は住民投票後しばらく失速していたが、州議会選での勝利で息を吹き返したと言える。

ラホイ首相は、今回の選挙の結果、独立反対派または一方的な独立を求めない分離派によるカタルーニャ州政府が誕生し、事態が「正常」戻ることを期待していた。

ラホイ氏は選挙結果にかかわらず、カタルーニャの直接統治を取り消す考えを示しているが、新たな州政府が再び独立を追求した場合、あらためて直接統治を敷く可能性もある。

アナリストは、独立賛成派が絶対多数を獲得することで、ボールが中央政府の手に渡ったと指摘。英調査会社テネオ・インテリジェンスの調査副部長、アントニオ・バロッソ氏は「この結果が示すのは、中央政府にとっての問題は残り、独立運動が消え去らないことだ」と述べた。

独立問題を巡る混乱を背景に、カタルーニャ州では3100以上の企業が本社登記を州外に移している。また、第3・四半期の同州への海外直接投資は前年比75%減少した。同州の経済規模は国内経済全体の20%を占める。混乱が長引けば、スペイン経済全体に影響が及ぶ恐れがある。

*内容を追加しました。

[バルセロナ 21日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月