最新記事

クリスマス

史上最もハッピーなクリスマスソング? 200曲を分析し、科学の力で完成

2017年12月18日(月)17時45分
松丸さとみ

200曲以上を分析して作られたクリスマスソング「Love's Not Just For Christmas」YouTube

<ボストン音楽院のジョー・ベネット博士が史上最もハッピーなクリスマス・ソングを作るべく200曲を分析し、1曲を完成させたが、さてその成果は...>

「お約束」を盛り込んだハッピーソング

「史上最もハッピーなクリスマス・ソング」が完成した。米国マサチューセッツ州にあるボストン音楽院のジョー・ベネット博士が、クリスマス・シーズンに好んで聞かれる200曲に上る曲の歌詞、テンポ、調性、ボーカルを分析。その結果をもとにして、史上最もハッピーなクリスマス・ソング「Love's Not Just For Christmas(ラブズ・ノット・ジャスト・フォー・クリスマス)」を完成させた。

ベネット博士が自身のウェブサイトで公表している論文によると、今回分析したのは、音楽配信サービスのスポティファイのUK版で、2016年12月25日の週に最も聞かれた200曲。うち78曲がクリスマスをテーマにした曲だった。

これらを分析したところ、歌詞には「サンタ」、「雪」、「家」、「平和と愛」という言葉が頻繁に登場。サビの部分にはソリの鈴の音(シャンシャンシャンシャンというあの音)が使われるのが大事なポイントのようだった。さらに、長調(CメジャーまたはAメジャー)でテンポは1分間に115ビート、4分の4拍子がカギだ。

ヒットメーカーが作曲を担当

ベネット博士は、作曲家は通常、自分の経験や音楽スキル、好みを組み合わせて曲作りをするため、「いい曲が出来上がる単純な調合法があるわけではい」とデイリーメールに話した。200曲を分析したからといって、その結果を曲に落とし込むのは簡単な作業ではなかったようだ。

しかしベネット博士が分析した結果は、これまでカイリー・ミノーグやブリトニー・スピアーズに曲を提供してヒットさせた経歴を持つプロの手によって、1曲のクリスマス・ソングに仕立て上げられた。作曲家のスティーブ・アンダーソン氏が、ハリエット・グリーン氏と共同で「世界で一番幸せな気分になれるクリスマス・ソング」として作り上げのが、前述の「ラブズ・ノット・ジャスト・フォー・クリスマス」だ。

Love's Not Just For Christmas「ラブズ・ノット・ジャスト・フォー・クリスマス」

ニュース速報

ワールド

タイ、入国規制を厳格化 海外渡航者2人がコロナ感染

ワールド

中国、米の台湾への武器売却巡りロッキードに制裁へ

ビジネス

英GDP、5月は1.8%増にとどまる V字回復期待

ワールド

マレーシア野党、早期の総選挙を視野 首相の支持ぜい

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 2

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

  • 3

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カナダ両国が「待った」

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    GoToキャンペーン「感染防止に注意し活用を」菅官房長…

  • 7

    抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免…

  • 8

    なぜテレワークは日本で普及しなかったのか?──経済、…

  • 9

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 10

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 10

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月