最新記事

クリスマス

史上最もハッピーなクリスマスソング? 200曲を分析し、科学の力で完成

2017年12月18日(月)17時45分
松丸さとみ

200曲以上を分析して作られたクリスマスソング「Love's Not Just For Christmas」YouTube

<ボストン音楽院のジョー・ベネット博士が史上最もハッピーなクリスマス・ソングを作るべく200曲を分析し、1曲を完成させたが、さてその成果は...>

「お約束」を盛り込んだハッピーソング

「史上最もハッピーなクリスマス・ソング」が完成した。米国マサチューセッツ州にあるボストン音楽院のジョー・ベネット博士が、クリスマス・シーズンに好んで聞かれる200曲に上る曲の歌詞、テンポ、調性、ボーカルを分析。その結果をもとにして、史上最もハッピーなクリスマス・ソング「Love's Not Just For Christmas(ラブズ・ノット・ジャスト・フォー・クリスマス)」を完成させた。

ベネット博士が自身のウェブサイトで公表している論文によると、今回分析したのは、音楽配信サービスのスポティファイのUK版で、2016年12月25日の週に最も聞かれた200曲。うち78曲がクリスマスをテーマにした曲だった。

これらを分析したところ、歌詞には「サンタ」、「雪」、「家」、「平和と愛」という言葉が頻繁に登場。サビの部分にはソリの鈴の音(シャンシャンシャンシャンというあの音)が使われるのが大事なポイントのようだった。さらに、長調(CメジャーまたはAメジャー)でテンポは1分間に115ビート、4分の4拍子がカギだ。

ヒットメーカーが作曲を担当

ベネット博士は、作曲家は通常、自分の経験や音楽スキル、好みを組み合わせて曲作りをするため、「いい曲が出来上がる単純な調合法があるわけではい」とデイリーメールに話した。200曲を分析したからといって、その結果を曲に落とし込むのは簡単な作業ではなかったようだ。

しかしベネット博士が分析した結果は、これまでカイリー・ミノーグやブリトニー・スピアーズに曲を提供してヒットさせた経歴を持つプロの手によって、1曲のクリスマス・ソングに仕立て上げられた。作曲家のスティーブ・アンダーソン氏が、ハリエット・グリーン氏と共同で「世界で一番幸せな気分になれるクリスマス・ソング」として作り上げのが、前述の「ラブズ・ノット・ジャスト・フォー・クリスマス」だ。

Love's Not Just For Christmas「ラブズ・ノット・ジャスト・フォー・クリスマス」

ニュース速報

ビジネス

アメリカン航空とサウスウエスト航空、第3四半期に大

ワールド

トルコ中銀、政策金利を予想外に据え置き リラ急落

ワールド

米司法委が最高裁人事を可決、民主はボイコット 本会

ワールド

航空機内のコロナ感染リスク、極めて低い 排除はでき

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 5

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 6

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 7

    「新型コロナウイルス、絶滅する可能性は低く『永久的…

  • 8

    返済が一生終わらない......日本を押しつぶす住宅ロ…

  • 9

    台湾当局「中国の『フーリガン』外交官恐れず建国記…

  • 10

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 8

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月