最新記事

英王室

ハリー王子と米女優メーガン・マークルが婚約! 来年春に結婚

2017年11月27日(月)20時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

今年9月25日に初めてツーショットを披露したヘンリー王子とメーガン・マークル Mark Blinch-REUTERS

<ハリー王子とメーガン・マークルが遂に婚約。マークルはメディアの誹謗中傷を乗り越えて、英王室のメンバーに>

まだかまだかと婚約が噂され続けてきた英国のヘンリー王子(通称ハリー王子)(33)と交際相手の米女優メーガン・マークル(36)が約14カ月の交際の末、遂に婚約を発表した。

11月27日午前10時(現地時間)にケンジントン宮殿が公式ツイッターアカウントから、2人の婚約を正式に発表。この日を待ちわびたイギリス国民はじめ、世界中から祝福のメッセージが寄せられ、まさにお祭り騒ぎとなっている。

(ハリー王子はメーガン・マークルとの婚約を発表します)


婚約の正式発表の噂は、10月上旬から現実味を増していた。USウイークリー誌が10月11日に掲載した記事には、既に婚約は交わされ公式発表を待つばかりというマークル側の関係筋のコメントが出た。同誌の伝えたマークルの友人の話では、マークルが出演中のドラマシリーズの撮影が11月に終了したタイミングで婚約を発表するとしていた。

一方、10月12日にはニューヨーク・デイリー・ニューズ紙が、10月7日にセルビアのフィリップ王子の結婚式が同国の首都ベオグラードで執り行われた際、ハリー王子とマークルが「今週末にも婚約を発表する」という噂で持ちきりだったという関係者の話を伝えている。

ニューヨーク・デイリー・ニューズは公式発表のタイミングを10月中旬、USウイークリーは、エリザベス女王とエディンバラ公フィリップ殿下の結婚70周年の前後で11月中が濃厚と見ていた。

しかし11月上旬には、「パナマ文書」報道を手掛けた国際調査報道ジャーナリスト連盟(ICIJ)が、タックスヘイブンに関する新たな「パラダイス文書」について報道。そこにはエリザベス女王の資産の一部がオフショア投資で運用されていた事実が記されていたことから、婚約発表の時期に何らかの影響があるのではと懸念されていた。

【参考記事】グーグルで最も検索されたハリー王子の彼女 誹謗中傷を超えたバースデー

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 3

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月