最新記事

米年末商戦

サイバーマンデーでさらに儲けるアマゾンの戦略

2017年11月27日(月)17時54分
アンソニー・カスバートソン

ブラックフライデーのネット売り上げの半分を稼ぐアマゾンには値下げの原資も余るほどある Philippe Wojazer-REUTERS

<米年末商戦の初日「ブラックフライデー」に全ネット店舗の半分を売り上げたアマゾンは、休み明けの「サイバーマンデー」向けにも強力な製品と仕掛けを用意している>

感謝祭翌日の「ブラックフライデー」から始まる米年末商戦で、アマゾンはネット店舗全体の半分を売り上げた。この勢いに乗り、休暇明けで売り上げが急増する「サイバーマンデー」にも勝って、ネット取引での独占的地位を強固にするつもりだ。その武器になるのはもちろん、キンドルやアマゾンエコー、ファイヤーTVなど人気自社製品の一大セールだ。

11月24日のブラックフライデーのアマゾンの売り上げは、全ネット取引の50%を占めたと、調査会社GBHインサイツは分析する。サイバーマンデーの売り上げは、同社の史上最高を更新する見込みだという。

アマゾンからの業績発表はまだないが、ブラックフライデーで最も売れた2つの商品は、いずれもアマゾン製品だったという。アマゾンエコーの小型版である「エコードット」とテレビに接続して使う小さな出力機器「ファイヤーTVスティック」だ。

アマゾンのサイバーマンデー・セールは、アマゾンの音声AIアシスタント「アレクサ」を搭載したアマゾンエコーなどの音声入力機器のオーナーには特別に、1日早い日曜の午後5時から始まる。同社いちばんの成長商品を既に購入してくれたユーザーに、いちばんのお買い得商品で報いるためだ。

予測によると、2017年のサイバーマンデーに消費者が使う金額は推定38億1000万ドル。1日の売り上げとしては、昨年の34億5000万ドルを上回って過去最高だ。

「小売業の技術革新やネット小売りの拡大によるものだ」と、AXA投資顧問のファンドマネジャー、ジェレミー・グリーソンは言う。「スマートフォンやネットマーケティング、ネットショッピングの利便性改善は、これからも小売を変貌させていくだろう」

「伝統的な実店舗はますます、アマゾンのようなネット世代の小売業と競争するために、専門家の助けを必要とするようになっている」


MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 4

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 5

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 10

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月