最新記事

FRB

トランプが断行したFRB議長交代の不安要素

2017年11月9日(木)17時20分
ジョーダン・ワイスマン

トランプ(左)と記者会見に臨むパウエル。経済学博士号を持たないFRB議長は30年ぶりだ Carlos Barra-REUTERS

<次期議長のパウエルFRB理事は弁護士出身。イエレンの金融政策を引き継ぐというが......>

ジャネット・イエレン米FRB議長の4年の任期は成功だったと言っていい。冷静かつ慎重な米経済の舵取りを通じ、低失業率と堅調な経済成長を実現させた手腕は見事だった。

それでも、ホワイトハウスは人事の刷新に踏み切った。FRB議長は少なくとも2期務めるのが慣例だが、トランプ大統領は11月2日、来年2月で任期が切れるイエレンの後任にジェローム・パウエルFRB理事を指名すると発表した。

トランプは好調な株価と「うまくいっているものをいじるな」という原則に基づき、イエレンの再任も真剣に考えていたらしい。だがブルームバーグ通信によれば、最終的には「FRBに大統領の独自色を出す」べきだというムニューシン財務長官の助言に従った。

パウエルには3つの利点があった。共和党員なので議会共和党の受けがいいこと。イエレンの金融政策を基本的に引き継ぐ可能性が高く、一部の強硬派以外には歓迎されそうなこと。金融業界への厳しい規制にイエレンほど積極的ではなく、銀行の支持が期待できることだ。

だからといって、次期FRB議長として理想の人材というわけでもない。パウエルは法律の専門家だ。経済学博士号を持たないFRB議長は、1987年に退任したポール・ボルカーまでさかのぼる。

イエレンは「教育係」に?

だが、そのボルカーは80年代のインフレを抑え込んだことで高く評価されている。パウエルもエコノミストではないが、金融畑の経験は長い。投資銀行からジョージ・H・W・ブッシュ政権の財務次官に転じ、その後投資ファンド「カーライル・グループ」の共同経営者も務めた。

この経歴がパウエルの武器になるかもしれない。学者出身のベン・バーナンキ前FRB議長については、銀行業務の経験がなかったため、07年世界金融危機の兆候を見逃したのではないかと一部で指摘されている。

ただし、パウエルは12年にFRB理事に就任するまで、経済学の知識はお世辞にも豊富とは言えなかった。

「マクロ経済や金融政策はあまりよく知らなかった」と、金融大手UBSのアメリカ担当チーフエコノミストでFRB出身のセス・カーペンターはワシントン・ポスト紙に語った。

「(金融問題について)できる限り深く正確に学ぶため、スタッフや同僚と多くの時間を過ごすようにしていた」

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:成長事業は健康領域、必要に応じてM&

ビジネス

インタビュー:ドル105円割れは買い、株は上値で売

ワールド

米伝道師ビリー・グラハム氏が死去、歴代大統領にも助

ワールド

北朝鮮、五輪閉会式に金英哲・労働党副委員長を派遣=

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 3

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 4

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 9

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 10

    韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 5

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 6

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 7

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 8

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 9

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「…

  • 8

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月