最新記事

イギリス

英国議会のテロ、密かに行われた訓練の直後に事件が発生していた

2017年9月4日(月)16時45分
松丸さとみ

Hannah McKay-REUTERS

<今年3月、ロンドンの国会議事堂近くのテロ事件で歩行者ら5人が死亡したが、その直前、国会議事堂を標的にしたテロを想定した訓練が密かに行われ、分析の結果、5分で議会に侵入でき、100人以上の議員が犠牲になると指摘されていたことが明らかになった>

下院議員100人以上が5分以内に殺される!?

イギリスでは2017年、テロ攻撃が相次いでいる。しかし一連のテロ攻撃発生前の3月の時点で、英国国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)を標的にしたテロとの想定で実は密かに訓練が行われていた。この時の分析結果が最近になって明らかになったのだが、警備上の欠陥が指摘されている。というのも、テロリストはものの5分もしないうちに議会に侵入でき、100人以上の下院(庶民院)議員が犠牲になるだろうとのショッキングな内容だったのだ。

英紙サンデー・テレグラフによると、訓練は国会が休会中だった時期の夜間、極秘に行われた。複数の警察官が過激派役としてボートに乗り込み、テムズ川から議会に侵入するという筋書きだった。議会に入り込んだ犯人役はその後、廊下から下院本会議場へと進むことができたという。さらにシミュレーションの結果、そこにいた下院議員100人以上が殺害される「大虐殺」になっていただろう、と分析では結論づけている。

同紙は、多くの議員がこの結果を聞かされていなかったとし、詳細を知ってショックを受けているという数人の議員の生々しい声を伝えている。「なんてこった、もし私たちがいるところだったら...それに会期中だって起こり得る。そんなことになったら国民は恐怖におののくだろう」と発言した人や、「安全じゃない。私たちはまるで議会に座っている無防備な標的だ」と表現した議員などがいた。

訓練の直後にテロ発生か

サンデー・テレグラフはこの「極秘訓練」が3月のいつ行われたものなのか明記していないのだが、3月19日にはテムズ川で大々的なテロ訓練が実施されている。19日は日曜日で、しかも観光客も多くいるであろう午前11時に行われており、報道陣も詰め掛けた模様だ。ガーディアンは記事の中で映像も公開している。武装警察官200人以上が参加し、ロンドンの観光名所でもあるテムズ川の遊覧船からテロリストが攻撃するというシナリオだった。

サンデー・テレグラフが報じた極秘訓練と時期や内容(3月にテムズ川からボートでという筋書き)が類似しているので、同じ時期に行われたものである可能性もある。いずれにせよ、ウェストミンスター橋およびウェストミンスター宮殿(国会議事堂)で発生し死者6人を出したテロ事件は、テムズ川での公開訓練のわずか3日後のことだった。

3月22日、テムズ川にかかるウェストミンスター橋で車を暴走させ人をなぎ倒した犯人は、その後刃物を持ってウェストミンスター宮殿に向かった。このテロ攻撃で警備中の警察官を含め5人が犠牲となり、49人が負傷した。

ニュース速報

ビジネス

米ボーイング第1四半期は57%増益、商用機好調 通

ビジネス

オープン外債1000億円増、コスト高と政治懸念で非

ワールド

焦点:米朝首脳会談、トランプ氏と金正恩氏は何を話し

ビジネス

ヘッジ外債は通貨分散、円高局面でオープンも=18年

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 3

    安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

  • 4

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 5

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

  • 6

    変わらぬ北朝鮮が6人銃殺、理由は「電話帳を売ろうと…

  • 7

    【動画】「騎士の国」イギリスの恥部 見捨てられる…

  • 8

    世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

  • 9

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 10

    アマゾン「本日中にお届け」を支える配達下請け デリ…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月