最新記事

ロシア疑惑

トランプの会社、大統領選中にロシアでトランプ・タワー展開を模索

2017年8月28日(月)14時15分

8月27日、米紙ワシントンポスト(WP)は、トランプ米大統領(写真)が選挙運動を展開していた2015年終わりから16年初め頃にかけて、同氏の事業がロシアで不動産プロジェクトを進めようとしていたと報じた。写真はイタリアのシチリアで5月撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

米紙ワシントンポスト(WP)は27日、トランプ米大統領が選挙運動を展開していた2015年終わりから16年初め頃にかけて、同氏の事業がロシアで不動産プロジェクトを進めようとしていたと報じた。

事情に詳しい関係筋や、トランプ氏が経営していた「トランプ・オーガニゼーション」の弁護士が確認した記録などを引用して伝えた。

それによると、トランプ氏の事業はモスクワに「トランプ・タワー」を建設することで投資家と合意し、覚書に署名した。しかし、土地や認可の取得が進まず、16年1月末に建設を断念した。

トランプ氏は16年7月にツイッターで「ロシアには一切投資していない」と言明し、同国とのビジネス上のつながりを否定、翌日の記者会見でも「ロシアとは一切関係を持っていない」と述べていた。

WPによると、モスクワでのプロジェクトを巡る交渉は15年9月に本格化した。ある投資家が建設し、ライセンス契約を通じてトランプ氏の名前を付けることを計画したが、トランプ氏がどの程度関与していたか、あるいは交渉についてどの程度把握していたかは明らかでない。

計画が破棄される前、ロシア人の不動産ディベロッパーはトランプ氏にモスクワを訪れプロジェクト進展を促すよう求めるとともに、プーチン大統領がトランプ氏について「すばらしい」内容の発言をするよう仕向けることができると提案したもようだ。WPによれば、トランプ氏はモスクワを訪問しなかった。

案件の詳細はロシア疑惑を調査する議会関係者に近く提出される一連の電子メールの中に含まれているという。

[ワシントン 27日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 8

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 9

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 10

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 5

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月