最新記事

ルポ

トランプ政治集会の中で聞いた、「優しい」支持者たちの本音

2017年8月24日(木)06時33分
小暮聡子(アリゾナ州フェニックス)

8月22日夜、アリゾナ州フェニックスで行われた政治集会で演説をするトランプ大統領 Joshua Roberts- REUTERS

<メキシコと国境を接し、ヒスパニックが人口の約31%を占めるアリゾナ州で行われたトランプの政治集会。会場の外で反対派が抗議の声を上げるなか、支持者たちに交じって行列に並び、「なぜ支持するのか」を聞いた>

「CNN, sucks! CNN, sucks!(CNNは最悪!)」――大手メディアは自分が差別主義者であるかのようなフェイクニュースばかりを伝えているとドナルド・トランプ大統領が非難すると、アリゾナ州フェニックスのコンベンションセンターに集まった大勢のトランプ支持者が、CNNをこき下ろす大合唱を始めた。

8月22日夜(現地時間)、メキシコと国境を接する南西部アリゾナ州で行われた大規模な政治集会での出来事だ。

この日は、バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者と抗議者の間で衝突が起きて死傷者が出た事件から10日後。トランプが白人至上主義を断罪しなかったことから共和党議員からも非難が相次いでいる最中に、トランプに熱狂する人々が大挙する政治集会が行われる――。ニューヨークから取材に向かったのは、白人ではないヒスパニックが人口の約31%を占めるアリゾナ州だ。

トランプは選挙戦中からメキシコとの国境に壁を築くと言い続け、就任後すぐに不法移民を拘束して国外退去させるよう求める大統領令に署名した。さらに、集会が行われる州都フェニックスでは、「全米一タフな保安官」との悪名が高い元保安官のジョー・アルパイオが移民を集中的に標的にしたパトロールを繰り返したとして7月に有罪判決が下されていたところ、トランプが自分の熱狂的な支持者であるアルパイオに恩赦を与えることを示唆していた。

今回の取材では、トランプが日頃から「メディアが伝えない」と批判しているトランプ支持者側の声を掘り下げることが第一目的だったが、この状況では、白人至上主義者とそれに反対する人が再び衝突するかもしれない。そうならないことを祈りつつ、午前11時にコンベンションセンターに向かうと、午後7時からの集会まで8時間もあるというのに早くも赤い帽子や星条旗の柄の服に身を包んだ人たちが列を作っていた。

【参考記事】トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初の発動へ?

「トランプも私も、人種差別主義者じゃない」

この日は、午前11時の時点で気温は37度。暴動も心配だが熱中症も心配だなと思いながら、列の最初のほうで椅子に座って涼んでいるトランプ支持者の白人女性に話しかけると、ロレッタ・キャバレル(42)は「カンザス州から18時間、1人で車を運転してきて午前2時に着いたら、ここで倒れちゃったの。それで、椅子を貸してもらった」と言う。

「救急隊員に病院に連れて行かれそうになったけど、拒否した。トランプに、私たちは今もあなたを支持していると伝えに来たんだもの」と、集会に駆けつけた理由を教えてくれた。

キャバレルに「今日の集会でトランプからどんな言葉を聞きたいか」と尋ねると、「アメリカを1つにするようなことを語ってほしい」と言う。「9.11でアメリカは団結したのに、今はバラバラになってしまったから」と。

「アメリカを分断する原因を作っているのはトランプだという見方もあるが」と聞くと、すぐに否定する答えが返ってきた。「トランプはレイシスト(人種差別主義者)ではない。私もレイシストじゃないわよ。夫はメキシコ人だしね」

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 2

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されていることがわかった:研究結果

  • 3

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸せなことか

  • 4

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 5

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 6

    日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 9

    「アイル・ビー・バック」のせりふと共にターミネー…

  • 10

    米軍は駐留米軍「総力」で韓国を防衛する(米軍幹部)

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月