最新記事

テクノロジー

スプレーをかければ何でもタッチパネルに変身

Tap on Anything

2017年7月15日(土)17時00分
アンソニー・カスバートソン

特殊な導電性のスプレー塗料を塗布することで、車のハンドルもタッチパネルに変身。新たな機能を持たせることができる ELECTRICK

<柔らかい物もでこぼこの物体も、あらゆるものを特殊な塗料の被膜で気軽にタッチスクリーン化する新技術が登場>

空港の自動チェックイン機にせよ、ファストフード店の注文端末にせよ、反応のよいタッチスクリーンは実に便利だ。だがどれも、ガラス製の平らなものばかりでそれ以外の形状の物は見当たらない。ところが最近になって、ほぼあらゆる物体をタッチスクリーンに変えられる新しい技術が登場した。

「エレクトリック」と名付けられたこの技術は、米カーネギー・メロン大学未来インターフェース・グループが開発したもの。特殊なスプレー塗料の被膜で表面を覆うことで、さまざまなものをタッチスクリーンに変えることができる。このスプレーを塗布した机をタップするとあら不思議、パソコンでアプリケーションソフトが立ち上がるといったこともできる。

スプレー缶の中身の正体は、導電性のあるカーボン塗料。タッチスクリーンとして機能させるには、この塗料で覆った物体に電極(そしてもちろん、電源やパソコン)を取り付ける必要がある。すると指で表面を押したときに、電界トモグラフィーと呼ばれる技術によって電気の流れが妨げられたことが検知される。指の位置は1センチの精度で感知されることから、物の表面にバーチャルな「制御ボタン」を作ることができるわけだ。

【参考記事】LEDが照らし出す癌細胞撲滅への道

「スプレー塗料を使ってほぼあらゆるものにタッチスクリーンを付けられるようになったのはこれが初めてだ」と、同グループの責任者を務めるクリス・ハリソン助教は言う。また、研究チームの一員で大学院生のヤン・チャンは、この技術を使えば塗布する物体が「大きいか小さいかにかかわらず、また平らかでこぼこしているかにかかわらず、簡単に安価に」タッチスクリーンに変身させることができると語る。

これまでのところ、大型のタッチスクリーンは高価だし、表面がでこぼこだったり柔らかかったりするタッチスクリーンは主に研究施設でしかお目に掛かれなかった。この中には画像認識技術を用いるタイプもあるが、ディスプレイ表面の指の動きを感知するカメラの視界が遮られてしまえば役に立たない。

研究チームは今、エレクトリックの応用先を探している。ギターや机、フルーツ味のゼリーや粘土細工、それに車のハンドルまで、さまざまな形状のものでこの技術が使えることは既に証明済みだ。ギターであればエフェクター、車のハンドルならオーディオの操作など、新たな機能を持たせることもできるという。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

[2017年7月18日号掲載]

ニュース速報

ワールド

原油先物、14年終盤以来の高値近辺

ワールド

米司法副長官、トランプ氏にロシア捜査の標的でないと

ワールド

英中首脳が電話会談、化学兵器使用「容認できず」と表

ビジネス

米財務省、中国からの投資制限へ緊急事態法の活用など

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 4

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 5

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 8

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月