最新記事

司法妨害

ロシア疑惑、「裏切りの告発証言」引き出す腕利き検察官を抜擢

2017年6月22日(木)16時23分

オバマ政権下で法律顧問を務めたキャサリン・ルエムラー氏は、証言を確保するため、ワイスマン氏は他の検察官なら取らないかもしれないリスクを取ることに前向きとの見方を示した。

ルエムラー氏は、2001年に破綻したエンロンの巨額粉飾決算を捜査する司法省のチームで、ワイスマン氏と共に働いた経験がある。

ルエムラー氏によれば、当時協力に同意せず、すでに有罪を認めていたエンロンの元財務担当ベン・グリサン被告が、証言するだろうというワイスマン氏の勘が働いたという。そこでワイスマン氏は、同被告を刑務所から大陪審に引っ張り出してきた。

負けることを恐れない

他の検察官であれば、グリサン被告の証言が自分たちが組み立てた事件の構図と矛盾する可能性を恐れたかもしれないと、ルエムラー氏は指摘する。だが、このエンロン元幹部が重要な証言を行ったことで、ワイスマン氏の賭けは功を奏した。

「彼(ワイスマン氏)は負けることを恐れない。これは、まれに見る資質だ」とルエムラー氏は語った。

ワイスマン氏はまた、エンロン事件で検察側の重要な証人となった同社のアンドリュー・ファストウ最高財務責任者(CFO)の弁護団との長期にわたる交渉の先頭に立ち、同じくエンロン社員だったファストウ氏の妻が不正取引で起訴されたという事実から交渉を有利に進めた。

2人とも罪を認め、ファストウ被告はエンロンのジェフリー・スキリング最高経営責任者(CEO)に不利な証言を行った。同CEOは2006年、有罪判決を受けた。

ファストウ氏はコメントを拒否。グリサン氏からもコメントを得られなかった。モラー特別検察官の代理人とトランプ大統領の弁護団もコメントを差し控えた。

ワイスマン氏の強硬姿勢は検察の越権行為につながりかねないとの批判の声も上がっていた。エンロン事件を巡る多くの有罪判決は控訴審で覆された。スキリング氏に下された24年の刑期も、のちに10年減刑されている。

ニュース速報

ワールド

OPEC、21年の原油需要見通し据え置き 下期の回

ビジネス

米ボーイング、4月の737MAX引き渡しが4機に減

ワールド

加2州でアストラワクチン接種停止、オンタリオ州は血

ワールド

EU、「ワクチン証明書」巡る作業近く終了 夏の運用

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレーも開会式も要らない

  • 4

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 5

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇…

  • 6

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 7

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 8

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    ビル・ゲイツ離婚で長者番付はどうなる? 1295億ド…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月