最新記事

情報セキュリティ―

中国式ネット規制強化で企業情報がダダ漏れの予感

2017年6月12日(月)10時00分
ミレン・ギッダ

サイバーセキュリティー法の施行で外国企業の情報が筒抜けに? Bill Hinton Photography-Moment Open/GETTY IMAGES

<ハッキング対策のはずがハッキングを助長? 対中ビジネスの「代償」にご用心>

中国は自国のサイバーセキュリティーに問題があることを以前から自覚していた。13年6月には米国家安全保障局(NSA)の元職員エドワード・スノーデンが、NSAは香港や中国本土も含め世界中で6万1000件のハッキングを行っていると香港紙に暴露した。

これを受けて、中国では現地に進出している米IT企業に対する疑念が広がった。米ネットワーク機器大手シスコシステムズの受注は同年8~10月期、前年同期に比べ18%減少。中国政府は企業に国産の通信機器を使うように要求し、サイバーセキュリティーを強化する計画を練り始めた。

今月1日、中国初のサイバーセキュリティー法が施行され、中国でビジネスをする外国企業を取り巻く状況ははるかに厳しくなりそうだ。新法では、中国国民の安全に関わる情報を保有する「極めて重要」な企業が中国で収集したデータは、全て国内で保管しなければならない。政府はこうした重要企業のデータシステムも再調査して安全性を確認する構えだ。

それ以外の企業でも、国家や国民に関するデータは国内のサーバーに保管しなければならない。大量のデータを国外に移転する場合は事前に当局の許可が必要になる。

中国で事業展開する多国籍企業にとっては新たなコストが発生する。データをまだ国内に保管していない企業は中国の有償クラウドサービスを利用しなければならない。

【参考記事】「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

だが最大の懸念は別のところにあると、ロンドン大学東洋アフリカ学院・中国研究所のスティーブ・ツァン所長は言う。「大手多国籍企業にとっては大したコストではない。企業が懸念しているのはむしろ、中国当局が外国企業のデータを入手する強力な法的根拠を手にする可能性だ」

ツァンによれば、自社の知的財産を詳細まで調べられるなど、中国当局が大量の情報にアクセスできるようになることを懸念する企業もあるという。中国は以前から他国の技術やアイデアを盗用してきただけになおさら気掛かりだろう。

ニュース速報

ワールド

米民主党、トランプ大統領の罷免求める 「国家安全保

ワールド

イラン、自国での飛行記録解析目指す、外国に渡す決定

ワールド

北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    米中貿易戦争の敗者は日本、韓国、台湾である

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月