最新記事

情報セキュリティ―

中国式ネット規制強化で企業情報がダダ漏れの予感

New Law Gives China The Key to Foreign Data

2017年6月12日(月)10時00分
ミレン・ギッダ

サイバーセキュリティー法の施行で外国企業の情報が筒抜けに? Bill Hinton Photography-Moment Open/GETTY IMAGES

<ハッキング対策のはずがハッキングを助長? 対中ビジネスの「代償」にご用心>

中国は自国のサイバーセキュリティーに問題があることを以前から自覚していた。13年6月には米国家安全保障局(NSA)の元職員エドワード・スノーデンが、NSAは香港や中国本土も含め世界中で6万1000件のハッキングを行っていると香港紙に暴露した。

これを受けて、中国では現地に進出している米IT企業に対する疑念が広がった。米ネットワーク機器大手シスコシステムズの受注は同年8~10月期、前年同期に比べ18%減少。中国政府は企業に国産の通信機器を使うように要求し、サイバーセキュリティーを強化する計画を練り始めた。

今月1日、中国初のサイバーセキュリティー法が施行され、中国でビジネスをする外国企業を取り巻く状況ははるかに厳しくなりそうだ。新法では、中国国民の安全に関わる情報を保有する「極めて重要」な企業が中国で収集したデータは、全て国内で保管しなければならない。政府はこうした重要企業のデータシステムも再調査して安全性を確認する構えだ。

それ以外の企業でも、国家や国民に関するデータは国内のサーバーに保管しなければならない。大量のデータを国外に移転する場合は事前に当局の許可が必要になる。

中国で事業展開する多国籍企業にとっては新たなコストが発生する。データをまだ国内に保管していない企業は中国の有償クラウドサービスを利用しなければならない。

【参考記事】「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

だが最大の懸念は別のところにあると、ロンドン大学東洋アフリカ学院・中国研究所のスティーブ・ツァン所長は言う。「大手多国籍企業にとっては大したコストではない。企業が懸念しているのはむしろ、中国当局が外国企業のデータを入手する強力な法的根拠を手にする可能性だ」

ツァンによれば、自社の知的財産を詳細まで調べられるなど、中国当局が大量の情報にアクセスできるようになることを懸念する企業もあるという。中国は以前から他国の技術やアイデアを盗用してきただけになおさら気掛かりだろう。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀次期総裁、劉鶴政治局委員が最有力=関係筋

ビジネス

米政権、北朝鮮に大規模な制裁 船舶・海運会社など対

ビジネス

アングル:欧州企業の業績上振れ鮮明、通期2桁増益予

ビジネス

日産とDeNAが実証実験、「技術革新の先」の移動サ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 3

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

  • 4

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 5

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    仮想通貨クライシス、それでも成長は止まらない

  • 10

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 6

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 7

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 10

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 7

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月