最新記事

生活習慣

情報を多くもっている人が仕事ができるわけじゃない

2017年3月3日(金)12時28分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

DieterMeyrl-iStock.

<貧乏人とお金持ちを隔てる「情報の入れ方」とは何か。「隠れ貧乏」を脱するための処方箋その2>

それなりの収入はあるはずなのに、なぜか貯金が貯まらない。そんな人は「隠れ貧乏」だと、桜川真一氏は言う。

「隠れ貧乏」とは、自覚のない、あるいは気づいているけれど認めたくない貧乏のこと。桜川氏によれば、考え方や行動の癖からくる、いわば生活習慣病だ。今は大丈夫でも、結婚したとき、子育てのとき、あるいは退職したときなど、ライフスタイルの変化を機に生活が苦しくなる。

兄の会社が倒産し、3億円の保証金を背負って自己破産寸前となった桜川氏は、そこから不動産と株で3億円の資産をつくることに成功したという。お金持ちへのステップを登り始めるなかで彼が見出したのが、「いつもお金がない」から抜け出す処方箋だった。

貧乏人とお金持ちを隔てる考え方や行動の癖とは何か? たとえば、「情報は力」などとよく言われるが、情報を多くもっている人がお金持ちになれるわけではない。

ここでは、桜川氏の著書『貧乏は必ず治る。』(CCCメディアハウス)から一部を抜粋し、5回に分けて転載する。第2回は「わり算で考える貧乏人 かけ算で考えるお金持ち」より。

※第1回:買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

◇ ◇ ◇

情報いっぱいの貧乏人 情報を選ぶお金持ち

 テレビでは、あまり知られていないことを教えてくれるクイズ番組などがたくさん放送されていますよね。九州の隠れ家的ラーメン屋さんや山奥にあるパン屋さんを訪ねる情報番組もそうです。人は自分が知らないことを知ることに快感を覚えるのでしょう。

 インターネットは、人の知りたい欲求にすぐに応えてくれます。まさに星の数ほど、いやおそらく星の数も超えるくらいの勢いでいろんな情報があふれています。

 あなたのまわりにもいませんか? 政治・経済から芸能、職場や友達のうわさまで何かと詳しい人。一見頭が良さそうに見えるけど、でもなぜか仕事ができないし、お金にも縁がないタイプの人。

 私の知人のMさんもそんなタイプの人でした。政治の話をしては、まるで評論家のように分析するし、アイドルや女優、アナウンサーのことも詳しい。共通の知人のうわさ話も本当によく知っています。冷静に話す口調と司法書士という職業から、なんだかしっかりしていて頼りになりそうです。

 そういうわけで、ある会のとりまとめをMさんに任せたのですが、実際は......。

 Mさんはできない。実にできない人でした。

 他の人に仕事をふるだけで、あとは評論家のように他の人のやることを批評するだけ。会のほかのメンバーからは不満たらたら。Mさんも、そんな雰囲気を察したのか途中から会に参加しなくなりました。

ニュース速報

ワールド

米朝対話、北朝鮮の非核化につながることが必要=ホワ

ビジネス

米政権が北朝鮮に大規模制裁、海運会社など対象 「第

ビジネス

1月の中国新築住宅価格、前月比+0.3% 1級都市

ビジネス

パウエルFRB議長の議会証言に注目=今週の米株市場

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 7

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊 トランプ

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月