最新記事

ペット

「世界猫の日」分断解消のカギを握るネコたち

2017年3月2日(木)18時43分
ロビー・グラマー エミリー・タムキン

「猫の日」は世界中にたくさんある Ints Kalnins-REUTERS

<日本の「猫の日」は2月22日だが、「世界猫の日」は3月1日。この日を祝い、世界中の猫たちからユニークなメッセージが届いた>

水曜は特別な日だった。何しろ3月1日は「世界猫の日」なのだから。あなたの知っている猫の日と違っても驚くことはない。実のところ、猫の日はいくつもある。8月8日は「国際猫の日」、10月6日は「野良猫の日」。それでも3月1日「世界猫の日」に敬意を表し、私たちの威信をかけて国際政治に関わる猫たちのリストをここに発表する。

トルコ・イスタンブールで暮らす猫を追ったドキュメンタリー映画『ケディ』に登場する猫たち。映画は世界で公開中だ。『ケディ』は猫たちにギャラを払っていないが、払うべきだろう。


ロンドンの英首相官邸に住むネズミ捕獲長のラリー。 「EU離脱」の国民投票の結果を受け辞任したデービッド・キャメロン前首相の置き土産だ。


【参考記事】【EU残留派ネコ】ブレグジットはボクも心配だニャ~!

ポーランドの政党「法と正義」のリーダー、ヤロスワフ・カチンスキの猫。政治家の信頼度調査で圧倒的首位に。



台湾の総督蔡英文の猫シャンシャンとアーツァイ。昨年12月に蔡がドナルド・トランプ米大統領と衝撃の電話会談を果たしたときも撫でていたかもしれない。



内部告発サイト「ウィキリークス 」の創設者ジュリアン・アサンジの猫。飼い主がアメリカから政治亡命し在ロンドンのエクアドル大使館に住んでいることから、エンバシー(大使館)キャットと呼ばれる。

Just another meow-nic Monday!

Embassy Catさん(@embassycat)がシェアした投稿 -

アサンジの猫には専用のツイッタ―アカウントまである。もちろん、ビジネスシーンに対応するワイシャツとタイも。


エンバシーキャットのマウスパッドがウィキリークスのオンラインショップから購入可能。Tシャツもある。


【参考記事】飼い主留守でも猫まっしぐらなペット自動エサやり機 ネット接続の失敗と教訓

最後に、ロシアのプーチン大統領と不気味な「類似点」を持つ14匹の猫

From Foreign Policy Magazine

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国の新型コロナ死者4人、全員武漢 市当局は感染拡

ワールド

世界の新型コロナ感染者、実際は1000万人の可能性

ワールド

現金給付30万円で首相と一致、一定の所得減あった世

ワールド

経済対策と緊急事態宣言セットだと大きなパワーに=小

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕される国とは

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    不仲だった兄を亡くした。突然の病死だった──複雑な…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月