最新記事

心理学

排斥されていると感じる人ほどフェイクニュースを信じやすい:論文発表

2017年3月1日(水)16時15分
高森郁哉

Thomas_Faull-iStock

昨年の大統領選挙以降フェイクニュース問題に揺れる米国で、心理学の研究者が「排斥されていると感じる人ほど、フェイクニュース(偽ニュース)を信じやすい傾向がある」とする研究の成果を発表した。

米プリンストン大学で心理学・公的行動を専門とするアリン・コーマン助教授の論文が、実験社会心理学の学術誌「Journal of Experimental Social Psychology」に掲載され、英メディアInternational Business Timesなどが報じている

2つの実験

コーマン助教授らの研究チームは、仮説を検証するため2つの実験を計画。まず第1のアンケート調査のため、インターネット上で119人の参加者を募った。

アンケートは4段階の質問で構成。第1段階では、参加者に対し、身近な友人にかかわる最近の不愉快な出来事について記述するよう求めた。

次に、排斥を含む14種類の感情を感じた度合いを自己評価するよう求めた。

続いて、「私は人生の目的や使命を探している」「私は満足のいく人生の目的を見つけた」といった10の主張が自分に当てはまるかどうか、7段階で採点してもらった。

最後に、「製薬会社は財務上の理由で治療薬を隠している」「政府は潜在意識に働きかけるメッセージを使って国民の判断に影響を与えている」「バミューダ三角海域の事象は超自然的な活動の証拠だ」という3つの陰謀論について、どの程度支持できるかを7段階で回答してもらった。コーマン助教授によると、「これら3つの陰謀論は実際に、米国人の大部分に支持されている」という。

第2の実験

第2の実験には、プリンストン大の学生120人が参加。被験者は、「私にとって重要なこと」「私がなりたいと望む人物のタイプ」を書くよう求められた。

実験者は被験者に対し、「これらの回答が他の参加者2人に渡され、協力したい相手かどうかが判断される」と説明。それから、参加者たちを「協力したいと判断されたグループ」「協力したくないと判断された(排斥された)グループ」および対照群の3つに振り分けた。ただし、実験者の説明は偽りで、被験者が評価したのは他の被験者の回答ではなく、研究者が作成した回答だったという。

このグループ分けのあとで、全員が第1のアンケート調査に回答した。その結果、排斥されていると感じた被験者のほうが、陰謀論を支持する傾向が強くなることが実証されたという。

フェイクニュースを信じるメカニズム

コーマン助教授らは、この実験結果が、社会で排斥されていると感じている人がフェイクニュースに答えを求めるのと同じメカニズムだと説明している。陰謀論を支持している人は家族や友人と対立することがあり、排斥されている感覚を強める。そんな状況で陰謀論のコミュニティーに参加すると、そこで歓迎されていると感じ、陰謀論をさらに強く信じるようになる。そうした悪循環が、フェイクニュースを信じる人にも起きているというのだ。

コーマン助教授は、「フェイクニュースの問題に取り組む最善の方法は、排斥されているという感覚と陰謀論的思考の悪循環を断ち切ることだ」と述べている。

ニュース速報

ビジネス

焦点:ダイキン海外展開、アフリカに照準 インド成功

ワールド

ブレグジット、理論上は撤回可能=モスコビシ欧州委員

ワールド

トルコ経済への攻撃は国旗への攻撃と同じ=エルドアン

ワールド

米国企業が対中関税に警鐘、値上げで自国の損害「劇的

MAGAZINE

特集:CIAに学ぶ最高のリーダー論

2018-8・28号(8/21発売)

最強スパイ機関CIAの指導者育成プログラムとは? 元担当者が明かすフラットな組織が最も機能する理由

人気ランキング

  • 1

    6歳の中国人の日本への難民申請を手伝ったら、炎上した

  • 2

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 3

    脱北に失敗した北朝鮮人夫婦の「究極の選択」

  • 4

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

  • 5

    ヨーロッパによみがえった奴隷貿易

  • 6

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 10

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部…

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 5

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月