最新記事

韓国

韓国特検サムスンのトップを逮捕 朴大統領の疑惑追及は来週山場へ

2017年2月17日(金)21時27分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

2月17日、韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告らをめぐる疑惑を調べている特別検察官チームは、贈賄容疑などでサムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)容疑者を逮捕した。ソウルで16日撮影、提供写真(2017年 ロイター/News1)

<朴槿惠大統領の友人、崔順実による国政介入疑惑を調査している特別検察官チームは、17日早朝サムスン電子副会長の李在鎔を、贈賄などの疑いで逮捕した。また、朴大統領の弾劾審査を行っている憲法裁判所は2月24日を最終弁論日と通達。朴大統領の疑惑解明の動きは来週山場を迎える>

韓国の特別検察官チームは、サムスン電子副会長の李在鎔(以下、イ・ジェヨン)を、グループ企業の合併に政府が協力する見返りに、パク大統領とチェ・スンシル側に430億ウォンに上る賄賂を渡したとして、17日午前5時36分ごろ逮捕した。イ・ジェヨン容疑者はサムスン電子の実質的なトップだ。

特別検察官チームは1月12日にイ・ジェヨン容疑者の取り調べを行い、逮捕状を請求したが、裁判所は1週間後にこれを棄却した。特別検察官は今回13日に15時間にわたる長時間、再び取り調べを行って再度逮捕状を請求していた。

韓国メディア京郷新聞によれば、先月イ・ジェヨンに対する拘束令状が1度は裁判所から棄却されたのにかかわらず今回認められた経緯について、特別検察官チームが、サムスン側によるグループ再編に関した贈賄関係を立証しようとした前回の方針から、今回はイ・ジェヨン容疑者を中心にサムスングループの後継体制再編を試みたロビー活動を把握し、包括的な観点から贈賄を立件したという。

検察チームはそのために、サムスングループのもつ問題について1997年から1000件近くレポートを刊行してきたキム・サンジョ漢城大教授が所長を務める経済改革連帯の資料を参考に、430億ウォンの贈賄と、特定の経済犯罪に関する横領、財産の国外逃避、犯罪隠匿の規制に関する法律違反、国会での証言・鑑定等に関する法律違反、以上の5つの容疑を適用して令状を請求した。

ニュース速報

ワールド

イタリア連立協議難航、ベルルスコーニ氏は五つ星運動

ビジネス

物価2%は道半ば、達成まで金融緩和継続─黒田日銀総

ワールド

中国、北朝鮮からの1─3月輸入は人民元建てで前年比

ワールド

北朝鮮の交通事故で中国人旅行客に多数の死者=中国外

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月