最新記事

アウトドア

いま、ハンモック界が熱い。その最前線と基礎知識

2016年10月27日(木)17時20分
土屋智哉(ハイカーズデポ)、ギアード

 いま、アメリカではハンモック界が熱いです。過去15年間ほど通っているORショー(outdoor retailer show)では、2010年代に入ってからしばらく目新しい潮流がなかったのですが、ここ数年でハンモックのブースがじわじわと増えています。バリエーションも豊富で、Hennessy Hammock のような老舗を筆頭に、これまでORには出店していなかった既存のブランドから新興のメーカーのものまで揃っています。

現代のハンモックブームの特徴

 しかも、ウルトラライトの黎明期にもあった「こんなつくりで大丈夫なの?」といった驚きを与えてくれるハンモックが続々と登場しているのが興味深いところ。特に最近ではハンモックを木に巻き付けるためのストラップに注目が集まり、いかに素早く無駄なくセッティングできるのかを各ガレージメーカーが競っています。ややマニアックですが、すごくおもしろい世界です。

【参考記事】空中にも地上にも張れるハイブリッドなドーム型テント

 こうした草の根的な動きを、大手ブランドがオマージュして製品化する傾向も見られます。NEMO から出ていた Tetrapod というモデルは、Hennessy Hammock と同様にバグネットとタープを付けたシェルターハンモックですが、収納方法やストラップの構造などは現在のハンモックメーカーのトレンドを押さえたものになっています。さらに、 Klymit からハンモック用のマットも発売されるそうです。スリーピングギア全般に定評のある Cascade Designs も、近年はハンモック市場に参戦しています。こうした有名メーカーの動向からも、新しいムーブメントの胎動を感じられます。

Klymit_HammockV_main.jpg

Klymitのハンモック用のマット

注目ULモデルに学ぶハンモックの基礎

 日本にも新しいハンモックギアが入ってきており、以前ご紹介した Hummingbird Hammocks のラインナップにも、シングル+という新たなサイズが加わりました。ほとんどのハンモックメーカーは、一人用のシングルサイズと二人で入れるダブルサイズを用意しています。そのなかでも、Hummingbird のシングルサイズはわずか145gという驚異的な軽さです。

Hummingbird-Forest-Green.jpg

パラシュートで使われる薄いリップストップ・ナイロンを使っている

 9366907_orig.jpg

パンツのバックポケットに入るコンパクトさ

 しかし、そこで注意しなければならないのが横になれる面積の問題です。というのも、本来ハンモックは張った方向にそって水平に寝そべるのではなく、垂直か斜めに入ったほうが快適に過ごせるからです。水平に入ると、ハンモックのたわみと同じ方向に重心がかかって腰が曲がってしまい、揺れやすくなります。一方、垂直か斜めに入ると荷重を分散させて体をフラットに保てるし、横揺れも防げる。中南米で使われているブラジリアンハンモックのように睡眠に特化したものも、やはり縦に入れるように幅が広くとられていますよね。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    中国政府を悩ませる2つの「雨」──1つは香港、もう1つ…

  • 10

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月