最新記事

Watch the NEW WATCH!

圧倒的な「透け感」の星形スケルトンムーブメント

2016年10月14日(金)17時35分
笠木恵司 ※Pen Onlineより転載

マイクロローターによる自動巻き機構(11時位置)を搭載したスケルトン・モデル。ケースはカーボンファイバーを加圧成形しており、硬度が高く軽量。独特の地紋が個性的で高級感。


気になる腕時計、最新情報をキャッチせよ!
ロジェ・デュブイ エクスカリバー オートマティック カーボン スケルトン

 近年は機械式のメカニズムを強調したオープンワークやスケルトンが増加してきましたが、これほど大胆で圧倒的な「透け感」のムーブメントは希有といえるのではないでしょうか。

 ロジェ・デュブイは2015年にマイクロローターによる自動巻き機構を搭載した「エクスカリバー オートマティック スケルトン」を発表。今年登場した新作は、このムーブメントを独特のカーボンケースに搭載したものです。

(参考記事:ストイックなカーキ一色のコラボ「G-SHOCK」は、軍モノの服と相性バツグンのカッコよさ!

「エクスカリバー」は、刻みを施したフルーテッドベゼルにトリプルラグを備えた個性的なケースを特徴とするコレクションですが、この新作ではカーボンをSMC(シート・モールディング・コンパウンド)と呼ばれる製法で加圧成型。炭素繊維が積層されているため、ケース表面に特有の地紋が浮き出ており、高級感を醸し出しています。

(参考記事:nendoが手がける時計の新ブランド「10:10」が誕生! 第1弾「Window」はこんなにユニークです

 このカーボンケースに搭載された透明感の高いムーブメントは、ダイヤル右下に動力ゼンマイを収納した香箱などを支える星形のブリッジをもつことから「アストラル・スケルトン」と通称されています。自動巻きは半円形のローターがムーブメントを覆うことになるのでスケルトンには不向きなのですが、ロジェ・デュブイでは小径のマイクロローターによる自動巻き機構を開発。このローターにもていねいに星形の"肉抜き"を施すことで、強度の限界までパーツを削ぎ落としたスケルトンの小宇宙にみごとに溶け込ませています。

(参考記事:骨太で堅牢、プリミティブな道具感覚が心地いい! 「イッセイ ミヤケ ウオッチ」の新作「W automatic」とは?

 同ブランドでは初の自動巻きスケルトン・ムーブメント(キャリバーRD820SQ)となりますが、マイクロローターの複雑な立体感や回転するアクションが新たな魅力として加わったといえるでしょう。

 思わず息を呑むようなダイナミックな美しさだけでなく、軽量で硬度も高いカーボンケースや自動巻きも含め、実用性と信頼性を兼ね備えた次世代スケルトンとして時計愛好家には垂涎のモデルではないでしょうか。

pen161014-2.jpg

ヒトデのように星形にデザインされたブリッジが特徴の「アストラル・スケルトン」。機械式のメカニズムがまさにアートになり得ることを感じさせる。マイクロローターの立体感も魅力。


ケースはカーボンのSMC(シート・モールディング・コンパウンド)。ケース径42㎜、厚さ12.14㎜。マイクロローターによる自動巻き、ストラップはアリゲーターとラバー、ジュネーブ・シールを取得。¥7,884,000

問い合わせ先:ロジェ・デュブイ TEL:03-3288-6640 www.rogerdubuis.com/ja/

※スペック詳細や商品の取り扱い店舗への問い合わせ先を「時計Search」で見る

※Pen本誌より転載

笠木恵司
時計ジャーナリスト。1990年代半ばからスイスのジュネーブ、バーゼルで開催される国際時計展示会を取材してきた。時計工房などの取材経験も豊富。共著として『腕時計雑学ノート』(ダイヤモンド社)

※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。
Penonline_logo200.jpg



関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国外務省、米国のTikTokなどへの取引停止措置

ワールド

トランプ氏、TikTokとウィーチャットとの取引を

ワールド

コロナワクチン、1億2000万回分供給でアストラゼ

ビジネス

K―POP「BTS」所属事務所のIPO申請、韓国取

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史からそれは明らか

  • 3

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい対日決議はなぜ起きたか

  • 4

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    死刑に賛成する弁護士もいる、終身刑ではいけない理…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    フィリピン首都マニラ都市圏が再ロックダウン 新規…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 7

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 8

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 9

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月