最新記事

民主化

タイ当局、香港「雨傘運動」指導者・黄之鋒の入国拒否、中国の圧力か

2016年10月5日(水)19時33分

10月5日、タイ当局は、2014年の香港民主化デモを主導した学生運動家、黄之鋒(ジョシュア・ ウォン)氏(写真中央)の入国を拒否した。支援者らは、中国からの圧力によるものだと指摘し、反発を強めている。香港で5日撮影(2016年 ロイター/Bobby Yip)

 タイ当局は5日、2014年の香港民主化デモを主導した学生運動家、黄之鋒(ジョシュア・ ウォン)氏(19)の入国を拒否した。支援者らは、中国からの圧力によるものだと指摘し、反発を強めている。

 ウォン氏は、タイの2大学で香港の「雨傘運動」や新党「デモシスト」の結成について講演するよう招かれていたが、バンコクで身柄を拘束された。移民当局はロイターに対し、ウォン氏はタイ入国を拒否され、香港に送還されることを確認した。

 タイ紙「ネーション」は、空港の入管警察幹部の発言として、同氏は「中国の要請によって」ブラックリストに載せられていたと報じている。

 ウォン氏は4日、フェイスブックに、バンコクへの旅が心配と投稿していた。

 タイは2014年のクーデターで軍政となり、以来当局者らは中国との距離を縮めている。

[バンコク/香港 5日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

米経済成長率、20年はIMF予測などを上回る公算=

ワールド

イラン議員、トランプ米大統領殺害に300万ドルの懸

ビジネス

米スタバ、植物由来のメニュー拡大へ 容器再利用化も

ビジネス

日銀、デジタル通貨発行へ各国中銀と共同研究へ 「知

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 3

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にいじめ批判

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 8

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    2600年前の脳がそのままの状態で保存されていた ....…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 7

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること