最新記事

ドローン

空でも揺れない映像が撮れるGoPro初のドローン「Karma」

2016年10月6日(木)18時00分
geared (ギアード)

<GoPro が同社初のドローン Karma と新しいアクションカメラシリーズ HERO5 をメディア向け発表会で日本初披露した。>

 KarmaGoPro が初めて手掛けるドローンですが、様々なシーンでの撮影を可能にするマウント・アクセサリー類の豊富さが特徴の GoPro としては、アクションカメラ HERO シリーズの数あるアクセサリーの1つという位置づけでドローンを発売するのは自然の流れなのかもしれません。

gopro3.jpg

Karma はHERO4および、今回発表された HERO5 Black、 HERO5 Sessionを搭載して空撮が行なえます。

 一番の特徴は、コンパクトで携帯性がありバックパックスタイルで持ち運べること。Karma のセット内容は、ドローン本体、タッチスクリーン搭載のコントローラー、スタビライザー、手持ち撮影用のハンドグリップで、この全てを収納できる専用バックパックがついています。
gopro4.jpg

ドローン本体は折り畳み式で、すべて開いた状態での寸法は303×411×117mm、プロペラを外し折りたたむと365.2×224.3×89.9mm。

 ドローン本体の重量は1006グラム。操作はタッチスクリーン搭載のコントローラーで、フライト時間は20分。最高速度は秒速15m、最大距離は1000m、最大飛行高度は4500mとなっています。

gopro5.jpg
 また、スタビライザーをドローンから取り外して付属のハンドグリップにも取り付けることで手持ちのジンバルとして使えるのも特徴。ブレの少ない映像を撮影することができます。

 日本での発売時期と価格は未定ですが、発表会では「日本では今年の秋に発売したい」というアナウンスがありました。アメリカでの価格は799.99ドルと発表されているので、日本でもドローン入門機として魅力的な価格になりそうです。ジンバルとしても使えることを考えるとかなりお得と言えるかもしれません。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

政治改革・先送りできない課題に専念、それ以外は考え

ワールド

日中韓首脳会合、中国首相「新たな始まり」 貿易など

ビジネス

景気「足踏みも緩やかに回復」で据え置き、生産など上

ビジネス

フランス、EU資本市場の統合推進 新興企業の資金調
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中