最新記事

電子書籍

日本版「キンドル・アンリミテッド」は、電子書籍市場の転機となるか

2016年8月6日(土)10時50分
鎌田博樹(EBook2.0 Magazine)

時間はアマゾンに味方する

 出版社(をめぐる環境)は変わった。アマゾンは変わらず、機会を待っている。アマゾンには時間があり、出版社には時間がない。国内なら日本企業に地元の利があり、外資系企業は撤退も早いという"常識"も、アマゾンのビジネスモデルには通用しなかった。欧米の大出版社は、まだUnlimitedにタイトルを提供していない。しかし、KUはなお成長速度を落としていないし、中小出版社と自主出版者だけで大きな市場を形成した。

 Kindleは大手出版社に依存せず、逆に自主出版のための大市場を開拓した。価格政策が硬直的な大手出版社は、E-Bookでは存在感を薄れさせており、印刷本でもベストセラーのディスカウント販売に頼っている。

 出版社は、待つことが状況を悪化させるという、21世紀の現実を知るべきだ。Yahoo!は、40億ドルでベライゾンに買収されたが、2014年には400億ドル、2012年には4,000億ドル相当と評価されていた。2年で10分の1。Yahoo! が何もしていなかったわけではない。手は打ったが、デスクトップからモバイルへというプラットフォームの変化のスピードについていけなかった。

 後知恵でいえることは、スタートが遅かったということだ。2010年に軌道に載せていなかったプロセスを、既存の(ピークを迎えた)ビジネスのためのプロセスと共存させつつ新たに立ち上げるのは、事実上不可能だったと思う。やはりマイクロソフトから買収に応じるべきだったのだろう。

 アマゾンは変化が待ってくれないことを覚悟し、モバイルへの対応を2010年以前に完了していた。Kindleもその一つだし、クラウド・プラットフォームにより、タブレット時代にも、余裕をもってキャッチアップすることができた。アップルはデバイスにおけるモバイル転換の成功で満足してしまった。

 業界トップ企業は、まだ現在の変化のスピードを理解していない。それは「業界」や「会社」「事業」「組織」というものを前提として発想し、そうでないものは採用されないからだ。アマゾンと同世代のYahoo! でさえそうだった。アマゾンが違うのは、不変なもの(消費者)を出発点とし、ビジネスではなく、変化を前提とするビジネスモデルを更新していることだ。時間に追われないためには先回りするしかないのだから、メディアの評判などを聞いてるヒマはない。


※当記事は「EBook2.0 Magazine」からの転載記事です。

images.jpg

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 3

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル大学の研究

  • 4

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 8

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 9

    トランプはなぜ極寒のグリーンランドが欲しいのか

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月