最新記事

電子書籍

アメリカの電子書籍を牽引するロマンス小説市場

2016年7月22日(金)17時00分
鎌田博樹(EBook2.0 Magazine)

Chris Wattie-REUTERS

<アメリカのロマンス小説は巨大市場だ。電子書籍では、45%にもなる。そして、50%以上が自主出版であるため、公式統計ではわからず、その規模も控え目にしか伝えられていない>

 Author Earnings(米国の個人作家向け電子書籍市場調査サイト)を共宰するデータ・ガイが米国ロマンス作家協会(RWA)の総会で講演を行い、既成の出版統計では把握できないこの市場分野の現状を語った。四半期レポートでは触れられていないジャンル別の市場の詳細が分かるもので、とくに定額サービスの著者実収への影響を示すデータは貴重だ。

ロマンスはデジタルで巨大市場に成長した

 ロマンス小説の市場は印刷とデジタルでは極端なアンバランスを示しており、フォーマット別販売額の89%が電子書籍(E-Book)で、それも出版社より自主出版(インディーズ)のほうが多い。同分野の数量ベースで、印刷本では4.4%にすぎないが(Nielsen)、電子書籍では45%にもなる(AER)。30年を超える歴史を持ち、印刷本で1,000万部以上のベストセラーを書いた作家を輩出してきたロマンス小説は、アマゾンKindleによって大きな変貌を遂げた。

 出版社の売上が落ちているわけでもないが、電子書籍市場ではほとんど何もできず、全体として、著者との交渉力を減殺されたということだ。ロマンス作家にとって、出版社の存在が小さなものとなったとも言える。

Slide07-500x375.png

 データ・ガイ(AER)によれば、Nielsen Bookscanがフォローしているのは、2,750万冊あまりの印刷本だが、600~700万冊はBookscanから漏れており、300~500万冊は「小説一般」に分類されている可能性があるという。

 電子書籍は、アマゾンで年間年間1億7,400万冊が販売されており、Kindle有償コンテンツの45%を占める。非KU(Kindle Unlimited、電子書籍読み放題サービス)本の販売が7,800万冊、KU本の販売および完読が9,600万冊。アップルやNook(B&N)、Kobo、Googleなど、Kindle以外のストアの販売は推定6,100万冊で、アマゾンの3分の1あまりだが、それでも小さなものではないし、ストアにとっては最大の市場だ。
【参考記事】「世界最大の書店」がなくなる日

ロマンス小説はほぼデジタル、3分の2が公式統計から外れる

 ロマンス小説は巨大市場だが、控え目にしか伝えられていない。理由は89%がデジタルで、50%以上が自主出版であるためだが、米国のロマンス小説市場の3分の2 (67%)が公式統計から見えなくなっている。米国の電子書籍市場のシェアは、アマゾンが74%、アップルが11%、B&Nが5%、Koboが3%と推定される。アップルが二桁となったが、B&Nのシェアは減少を続けている。

Slide10-768x576.png

 すべてのフォーマット(紙、電子、オーディオ)を販売しているアマゾンが、ロマンス市場の流通の大半を占めていることは当然だが、その数字は驚くべきものだ。Kindleでのロマンス作家の収入は、年間2億6,200万ドルで、これが3万人あまりの著者に支払われている(平均すると8,733ドル)。

Slide16-500x375.png

 Kindleがどれだけロマンス作家とよい関係をつくっているかは、AERの作家ジャンル別/発行形態別推定所得のデータがはっきりと示している。ロマンス作家で、年間所得25万ドル以上は145人(100万ドル以上15人)、10~25万ドルに250人、5から10万ドルに385人、2.5~5万ドルに625人、1~2.5万ドルが1,200人という内訳だが、いずれの所得層でも、在来出版社から得た印税よりも自主出版で得た収入が圧倒的に多い。

※当記事は「EBook2.0 Magazine」からの転載記事です。

images.jpg

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 4

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 7

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 8

    文在寅、リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領

  • 9

    あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボル…

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 7

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月