最新記事

AI

AIプログラム、空中戦シミュレーションで元米軍のベテランパイロットに完勝

2016年7月5日(火)17時50分
高森郁哉

Lisa Ventre, University of Cincinnati

 米国で開発された人工知能(AI)が、フライトシミュレーターを使った空中戦で、元米空軍パイロットに完勝した。このAIは、専用に開発された高価なマシンではなく安価な消費者向けPC上で稼働する点も画期的で、米ニューズウィークなどが報じている。

AIプログラム「アルファ(ALPHA)」

 インド系オープンアクセスジャーナル出版社、OMICSグループが発行する軍事専門誌「Journal of Defense Management」に掲載された論文で概要が明らかになった。論文によると、このAIプログラム「アルファ(ALPHA)」を開発したのは、シンシナティ大学出身のニコラス・アーネスト博士が創設したサイバネティックス社(Psibernetix)。同社は米空軍研究所と協力し、「遺伝的ファジーシステム」と呼ばれるアルゴリズムに改良を加え、非常に複雑な問題を効率よく短時間で解決できるようになったという。

【参考記事】MITメディアラボ所長 伊藤穰一が考える「AI時代の仕事の未来」

 アルファと対戦したのは、元アメリカ空軍大佐のジーン・リー氏。自ら戦闘機を操縦したほか、地上管制官として対空迎撃を指揮した豊富な経験がある。シミュレーター上のAIとは80年代初期から対戦しているといい、サイバネティックスの開発にも協力してきた。

 空中戦のシミュレーションでは、4機の赤い戦闘機のチームをアルファが操縦し、対する青い戦闘機2機からなるチームをリー氏が担当。数時間におよび複数回の対戦は、アルファの全勝に終わった。リー氏は、「AIは私の意図を見透かしているようで、飛行やミサイル配備の変更に瞬時に反応した」とコメント。また、長時間の対戦で自身は「疲弊し、精神的に消耗した」が、AIは対戦開始の時と変わらず鋭敏なままだったという。

コンシューマー向けPCで稼働

 アルファのプログラムは、500ドル程度のコンシューマー向けPCで稼働する。さらに、約35ドルの安価なシングルボードコンピュータ「ラズベリー・パイ」でも動作可能だという。

 AIの実用化を目指す取り組みは、チェスや碁、自動運転車からセックスロボットまで、さまざまな分野で進んでいる。今回のニュースと「ドローン操縦士を襲うPTSD」のような話と合わせて考えると、米軍がAIに無人攻撃機を操縦させることを検討していても不思議ではない。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ISS、永山議長の取締役選任に引き続き反対

ワールド

中国、G7声明を内政干渉と非難 「中傷」停止を要求

ワールド

米空港利用、11日に202万人 20年3月以来の高

ワールド

NATO、バイデン氏出席の首脳会議に期待 関係仕切

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月