最新記事

AI

AIプログラム、空中戦シミュレーションで元米軍のベテランパイロットに完勝

2016年7月5日(火)17時50分
高森郁哉

Lisa Ventre, University of Cincinnati

 米国で開発された人工知能(AI)が、フライトシミュレーターを使った空中戦で、元米空軍パイロットに完勝した。このAIは、専用に開発された高価なマシンではなく安価な消費者向けPC上で稼働する点も画期的で、米ニューズウィークなどが報じている。

AIプログラム「アルファ(ALPHA)」

 インド系オープンアクセスジャーナル出版社、OMICSグループが発行する軍事専門誌「Journal of Defense Management」に掲載された論文で概要が明らかになった。論文によると、このAIプログラム「アルファ(ALPHA)」を開発したのは、シンシナティ大学出身のニコラス・アーネスト博士が創設したサイバネティックス社(Psibernetix)。同社は米空軍研究所と協力し、「遺伝的ファジーシステム」と呼ばれるアルゴリズムに改良を加え、非常に複雑な問題を効率よく短時間で解決できるようになったという。

【参考記事】MITメディアラボ所長 伊藤穰一が考える「AI時代の仕事の未来」

 アルファと対戦したのは、元アメリカ空軍大佐のジーン・リー氏。自ら戦闘機を操縦したほか、地上管制官として対空迎撃を指揮した豊富な経験がある。シミュレーター上のAIとは80年代初期から対戦しているといい、サイバネティックスの開発にも協力してきた。

 空中戦のシミュレーションでは、4機の赤い戦闘機のチームをアルファが操縦し、対する青い戦闘機2機からなるチームをリー氏が担当。数時間におよび複数回の対戦は、アルファの全勝に終わった。リー氏は、「AIは私の意図を見透かしているようで、飛行やミサイル配備の変更に瞬時に反応した」とコメント。また、長時間の対戦で自身は「疲弊し、精神的に消耗した」が、AIは対戦開始の時と変わらず鋭敏なままだったという。

コンシューマー向けPCで稼働

 アルファのプログラムは、500ドル程度のコンシューマー向けPCで稼働する。さらに、約35ドルの安価なシングルボードコンピュータ「ラズベリー・パイ」でも動作可能だという。

 AIの実用化を目指す取り組みは、チェスや碁、自動運転車からセックスロボットまで、さまざまな分野で進んでいる。今回のニュースと「ドローン操縦士を襲うPTSD」のような話と合わせて考えると、米軍がAIに無人攻撃機を操縦させることを検討していても不思議ではない。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

韓国現代自動車、5月の世界販売は前年比39%減 新

ビジネス

一般会計税収4月は前年比29.4%減、申告期限延長

ワールド

中国の利益を狙った米国の試み、対抗措置に直面へ=中

ワールド

南ア、都市封鎖を一部解除 経済活動の再開目指す

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月