最新記事

シリア

ISIS処刑部隊「ビートルズ」最後の1人、特定される

2016年5月25日(水)17時10分
ジャック・ムーア

FACEBOOK

<ジャーナリスト後藤健二の殺害にも関わったとみられるISISの「ビートルズ」こと、イギリス出身者4人のグループ。謎に包まれていた最後の1人の身元が判明した> 写真はシリアに潜伏中のシャフィ・エルシーク

 ISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)の処刑部隊で人質たちから「ビートルズ」と呼ばれ、恐れられているグループがある。イギリス人4人から成るグループで、その最後の1人が27歳のロンドン出身者だと明らかになった。

「ビートルズ」の異名が知れ渡るようになったのは、4人の欧米人――アメリカ人ジャーナリストのジェームズ・フォーリーとスティーブン・ソトロフ、そしてイギリス人援助関係者のデービッド・ヘインズとアラン・ヘニング――の処刑動画が公開されたのがきっかけ。斬首を実行したのは、4人の中で最も悪名高いモハメド・エンワジ、通称「ジハーディ・ジョン」だ。

【参考記事】ラマディ陥落か、ISISで残ったのは外国人戦闘員だけ

 エンワジは2015年11月、米軍のドローンによる空爆で殺害された。「ビートルズ」の他のメンバーは、アレックス・コーティー(逃亡中)、エイン・デービス(昨年トルコで逮捕)、そして今回、ワシントン・ポストとバズフィードの取材により身元を特定されたシャフィ・エルシークだ。

 4人ともロンドン西部の出身だ。ISISが拘束した人質らに暴行や拷問を加え、殺害する役を担っている。

 エルシークの一家は1990年代にスーダンを逃れ、イギリスに定住した。少年は「シャフ」と友人たちに呼ばれ、ロンドン西部のホワイトシティで育った。職業は機械工。サッカーチーム「クイーンズ・パーク・レンジャーズ」(英プレミアリーグ2部)のサポーターだった。エルシークは21歳の時に、カナダに住むエチオピア人の女性と結婚している。

あっという間だった過激化

 母親のマハ・エルギゾウリがワシントン・ポストの取材に応じ、息子の過去を語ったところによれば、エルシークの「過激化」はあっという間だった。ロンドン西部のイマーム(指導者)、ハニ・アルシバイの説教に通い始めると、すぐさま過激思想を持つようになったという。

【参考記事】ISISの支配下には31,000人以上の妊婦がいる

「私の子供たちは完璧だった。それがある日、突然変わった」とエルギゾウリは言う。彼女はアルシバイの元を訪れ、平手打ちを喰らわして「息子に何をしたの?」と詰問したという。

 エルシークはアラビア語に堪能で、シリア人の妻と共に、シリア北西部の都市アレッポに潜んでいるとみられている。エンワジ(ジハーディ・ジョン)の殺害後、米情報機関は彼も殺害対象としているようだ。

 母親のエルギゾウリには、なぜ息子がISIS「ビートルズ」の一員なのか、見当がつかないし、その事実を信じられない。「あの子はもう、私の子ではない。私が育てた息子ではなくなってしまった」

ニュース速報

ビジネス

米インポッシブル・フーズ、今週カナダの小売店でバー

ワールド

豪GDP、第3四半期にプラス成長回復の見通し=中銀

ビジネス

アント、香港IPOブックビルディング短縮 需要堅調

ビジネス

HSBC、第3四半期は税引き前利益35%減 リスト

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 5

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 9

    中国はトランプ再選を願っている

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月