最新記事

安全保障

「核セキュリティ強化措置、近い将来発効へ」天野IAEA事務局長

テロリストが核拡散装置を爆発させる『ダーティーボム』への対策にも

2016年4月1日(金)11時03分

3月30日、IAEA天野之弥事務局長は、あと6カ国が「核物質の防護に関する条約」の改正を承認すれば、締約国が核施設や核物質の保護を強化することに法的拘束力が生じる、と語った。7日ウィーンで撮影(2016年 ロイター//Heinz-Peter Bader)

 国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は30日、あと6カ国が「核物質の防護に関する条約」の改正を承認すれば、締約国が核施設や核物質の保護を強化することに法的拘束力が生じる、と語った。

 天野事務局長は記者団に対し、セルビアとマーシャル諸島が30日に正式に承認し、数カ国が31日か来月1日に受諾書類を提出する予定のため、強化措置は「近い将来」に発効するとの見通しを示した。

 パキスタンは先週、条約改正を承認した。

 今週の核安全保障サミットに出席するため、米ワシントンに滞在中の天野事務局長は当地で講演し、改正承認は「核安全保障において極めて重要な一歩」になるとし、「発効すれば、テロリストが核拡散装置を爆発させる、いわゆる『汚い爆弾(ダーティーボム)』を引き起こす可能性が低くなる」と語った。

 核物質防護条約は10年前に152カ国が採択。天野事務局長はセキュリティ強化を盛り込んだ改正の早期発効を目指している。発効するためには締約国の3分の2にあたる102カ国の承認が必要になる。

 今回の改正は締約国に対し、核施設、および核物質の国内での使用や貯蔵、輸送の際の保護を義務づけている。また、盗難や密輸の被害に遭った核物質の発見や回収について、締約国間の協力を拡大するとしている。各国政府は破壊工作による放射能の影響を最小限に抑えるとともに、そうした攻撃を予防し、対抗することも義務づけられる。

 

[ワシントン 30日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:サウジ皇太子、捕虜交換で価値高める ロシ

ワールド

北朝鮮と中国、国境またぐ貨物列車の運行を5カ月ぶり

ビジネス

ユニリーバ、ジョープCEOが来年末で退任 株価上昇

ビジネス

OECD、来年の世界成長予想引き下げ インフレ高進

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月